ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

金沢・四十万屋の発酵食ランチ

image
imageimageimage

 
自宅近所にかぶら寿司や佃煮で有名な四十万屋さんの本店があります。友人にゴリの佃煮を送ろうと思い暖簾をくぐると、「発酵食ランチ」と書いたチラシが目に入いりました。

 石川県は伝統発酵食品の豊富さや珍しさから「発酵食王国」ともいわれるらしく、発酵食大学という発酵食品について学ぶセミナーも充実しているくらいです。

 渋谷で観た『ノーマ〜世界を変える料理』というドキュメンタリー映画でも、世界一といわれるデンマークのレストラン「ノーマ」で発酵のラボを構えていると紹介していました。

 つまり発酵食品は体にいいばかりではなく、世界的グルメワールドでも大脚光を浴びている、というわけです。

 なので、ダーリンがフランス人シェフのわたしは迷わず四十万屋さんの発酵食ランチに2名予約を入れたのでした。

 さて、お品書きです。

○ブリとフグの塩糀炙り(さっとと炙ってあり刺身のようにポン酢で食べた)

○西京味噌漬けのタラとチーズのはさみ揚げ(チーズのコクがマッチ)

○能登イカと豆腐の糀あえ(絶品、ダーリンのロロさんも大好き)

○煮物

○青魚の大根寿司(かぶら寿司と並んで金沢の冬の代名詞)

○漬物盛り合わせ(特に長イモの漬物がおいしい)

○梅干しのジェラートと味噌のジェラート(酒粕味やお酢などいろいろなジェラートがある中で味噌が一番人気らしい。個人的には梅干がさっぱりしておいしかった)

 マルシェロロでも夏のスープに玄米の塩麴を使ったりしていたのですが、発酵文化の盛んな金沢でロロさんはさらにインピスピレーションを高めることでしょう。

 フレンチと発酵食品のコラボ、ああ楽しみ、と思っていたら、

「ねえ、リミコがまず発酵大学に通って勉強して僕に教えてね!」だって。

 あ〜あ、面倒くさいなあ、と思って渋々発酵大学のHPをチェックしたら「付録付き6カ月通信コース」というのがあるではないですか?

 自慢じゃないけど付録とおまけに滅法弱いわたくし。毎月味噌やら酒やら甘酒やらいろいろと送ってくれるらしい。ちょと始めてみようかしら。でも食べるだけで勉強しない可能性大。

 発酵大学さん、フランス語もしくは英語のコースやってくんないかしら? 発酵王国金沢の世界的宣伝になるし、私勉強しなくていいし、ねえ!?


体育の日〜プールとAGE講座〜

image

 体育の日なので無料の金沢市営プールと体の糖化について学ぶAGEセミナーに行ってきました。

 プールではダーリンのロロさんと40分ほどもっぱら水中を歩きました。少しはダイエットになったかしら?ロロさの左ひざのリハビリにもいいようで、週に3回くらいは通いたいものです。

 その後金沢市スポーツ事業団主催のAGE(終末糖化産物)セミナーへ。体の老化は主に酸化(さび)と糖化(こげ)によって進行するそうです。酸化はよく聞きますが糖化は最近ようやく認知されてきたようです。

 糖化は主にタンパク質と糖に熱が加わると生じるので、スィーツや揚げ物や焦げるような焼き物を避け、生ものや生野菜などいいようです。

 ちなみに人気メニューで糖化する5大メニューが、
1位カルボナーラ、
2位サーロインステーキ、
3位ミックスピザ、
4位シーフードピザ、
5位カツカレー、だそうです。

 なんだか好物ばかりで困りますが、特にカルボナーラが1位とは意外です。なんでもベーコンが最大の糖化の悪玉らしいです。

 といってもあまり規制するとストレスがたまるので、講師によると2日の間で調整することが大事だそうです。糖化するものを食べ過ぎたら次の日は刺身や生野菜やゆでた料理にして、さらにいつもより歩く、などです。

 この2日間で調整するシステムを駆使すれば無理なく健康維持できそうですが、フランス人シェフでグルメのロロさんの場合、「今日焼肉食べたから、明日は刺身いっぱいね」とか言い出しそう。

 我が家のただでさえ高いエンゲル係数がさらに一気に高まりそうで、ちょっと怖い体育の日となりました。

image

 

 

 

 




 


 
 

初めてのネイル

image


 生まれて初めてネイルをしました。

 友人が何人もネイルにはまっていて、
「ネイルをすると女を感じる」とか、
「ストレスを感じたときネイルを見ると癒される」とか、
知り合いの高齢の女性がネイルを少し恥ずかし気に、そしてうれし気に見せてくれたりとかするので、
「いつかは私もネイルやってみた〜い」と思っていたのでした。

 飲食店をやっている間は簡単な調理や洗い物、掃除が仕事なので、なかなかネイルをすることができませんでした。今は故郷の金沢市で充電中ですので、チャンスとばかりに挑戦してみました。

 ネイリストにおすすめの色は? と聞くと、
「秋ですし、小豆色、めっちゃかわいいですよ」
と、きれいに甘皮を処理した爪におすすめ通りに小豆色に塗ってもらい、ストーンを3個付けてもらいました。

 後で友人に聞いたところ、今年は小豆色が流行っているそうですよ。

 顔は鏡がないと自分では見れないけれど(私の場合見れないほうが幸せです)、ネイルはいつでも見れるので、時々眺めるとなんだか流行色をまとっておしゃれしている感じがして、ゴージャス気分です。

 元祖おやじギャル、今は本当の女のおじさん、を普段から自称している私もネイルを通して
「実は女だったんだ〜」と感じることができて、こんな小さな爪が与えてくれる幸福感に正直びっくりしています。

 調子に乗って次回は付け爪にも挑戦! と思いましたが、なぜかダーリンのロロさんを猫のように引っ搔いている映像が頭に浮かび、急いでその考えを却下したのでした。
 

 

ビア金沢

imageimageimageimage
 








 10月1日&2日に行われたビア金沢に両日とも参加しました。全国の名だたるブルワリーが勢ぞろいし、それぞれ自慢のクラフト生ビールを提供していました。

 フランス人シェフのロロさんはビールが大好き。食事のときはそれぞれその内容に合わせたワインや酒を飲むけれども、食事以外の時はもっぱらビール党です。

 10月1日にお茶会に行った帰りにたまたまビア金沢を発見し、2日続けて行ってしまいました。金沢は小さな町なのでイベント参加も便利でこのようにハシゴもできてしまいます。

 その品揃えもさることながら、1杯400円という気軽さと適量もあって、いろいろな生ビールをトライできて楽しかったです。

 といってもやはり好みのビールに偏ってしまい、ロロさんと私は白ビールのヴァイセンとIPA(インディアペールエール)をもっぱら注文しました。結果的に種類が沢山あるので、ヴァイセンとIPAの各ブルワリーに特化した飲み比べは正解で、それぞれのブルワリーのよさを楽しみました。

 ちなみにヴァイセンは酵母が効いたフルーティな白ビール。IPAはコクがあってアルコール度数高めで味が濃いです。

 写真はIPAダブル。アルコール度数も9パーセントと高めでパンチのある味でした。

 幸いにも天気もよく気温も高めだったのでビール日和を存分に楽しんだ秋のひと時でした。

金沢で初お茶会

imageimageimageimage
 金沢の友人たちに誘っていただき、兼六園の中にある時雨亭でお茶会に参加しました。フランス人のロロさんもはじめ私も初体験。

 中学時代に半年くらい茶道クラブにいたことがありますが、もう忘却の彼方です。マナーが分からない私は、お葬式のお焼香のように前の人のまねをしなくちゃ、と周りに目を凝らしていたのでした。
 
 初体験とあってロロさんも私も緊張ぎみでしたが、厳かな雰囲気の中にも亭主と客の間に季節の話など、なごやかな会話もあり、だんだんとわびさびを楽しむ余裕も生まれました。

 とはいえ、慣れない正座だったので途中で精神よりも足がカチンコチンになり、困った私は器をよりよく愛でたり、話をよりよく聞くふりをしているかのように、お尻を少し浮かせて前につんのめった姿勢をとったりして、足への負担を軽くする工夫に集中していたのでした。

 一方のロロさんは友人に計らいで椅子を用意してもらい余裕の一服。
「この抹茶うま〜い」と言いながら楽しんでいました。

 足は痛かったけれど、時雨亭という最高の場所でお茶会を体験し、着物をまといすり足で歩き、お茶をふるまう所作の美しさや、現代作家さん中心の器の魅力に感動したひと時でした。

 

スリランカ人とフランス人

image

 スリランカ旅行第一日目のこと。

 歴史好きロロさんのたっての希望でアヌラーーダブラ遺跡へ。アヌラーダブラは約2500年以上も前にスリランカ最古の都があったところです。

 宿泊先のコロンボから遺跡まで車で約5時間。午前中の涼しい間に遺跡巡りをするためにドライバーさんに朝6時にピックアップをお願いしました。

 アヌラーダブラは車でまわっても4時間くらいかかるし、聖なる場所なので靴を脱いで入る場所も多く、素足で炎天下を歩き回るのは結構アッチチなのです。

 しか〜し頑張って早起きして宿に付いていた朝食も食べず出発したのに、結局アヌラーダブラに着いたのは午後1時過ぎ。

 なぜか? それはスリランカ人とフランス人が一緒に旅をしたからです。

 まず出発して早々ドライバーのサンジュさんが、
「僕のホームタウン通るからそこの行きつけの食堂で朝食食べていい?」とのたまった。

 なに? 私たち朝食抜きでがんばって早起きして待機してたのに! と、一瞬思ったけれど、30分くらいのことで怒ってもしょうがないし、それに地元の人たちがいく食堂で朝ごはんも食べてみたいし、まあ、いっかとなりました。

 その朝ごはんがビンゴ! パンケーキにカレーという私からすると妙な組み合わせの朝ごはんが、シェフのロロさんが絶賛するほどおいしかったのです。しかもサンジュさんのおごり。文句のつけようがありません。

 しかし、その後が問題。サンジュさんと意気投合したロロさんがいきなり、
「サンジュの家族に会ってみた〜い」とのたまったのです。時間がない、と心配するのは日本人の私だけで、目の前のフランス人もスリランカ人もドライバーと客の関係を超えた新たな友情の芽生えに満足げな様子。
当然と言わんばかりに車はサンジュさんの自宅へと向かったのでした。

 自宅ではお母さん、奥さん、子供とサンジュさんの家族全員で出迎えてくれてありがたいとは思いましたが、時間が?と心配しているのは相変わらず私だけ。ロロさんはサンジュさんの家族と楽しそうに戯れておりました。

 居間でコーヒーでもというお誘いを瞬殺で断り、ドライブに戻ろうと促したのももちろん私です。

 ところが、なかなか車は遺跡までスムーズに進みません。なぜならサンジュさんがカード売りを見つけたら止まって私たちにふるまってくれたり、生ピーナッツ売りを見つけたら止まって一緒に食べたりするからです。そしてロロさんはそのたびにそこいらを散歩して写真とったりするからです。
 
 リラックスモードでいいのですが、この二人時間の逆算ということが全くできないようで、私も途中であきらめました。

 ちなみにカードとは水牛のヨーグルトのことで素焼きに入れ物にいれて売っています。ヤシの蜜をかけて食べるのですが、酸味があって美味しかったです。

 というわけで午後1時過ぎにアヌラーダブラのホテルに着いたのですが、
「もう暑いからお昼休憩にして午後2時に迎えに来るね」とサンジュさんが言ったので、律儀な私たちは2時ぴったりにホテル入口に。しかし、待てど暮らせどサンジュさんは現れず、午後2時40分くらいに登場。どうも昼寝が過ぎたらしい。

 旅行しょっぱなからここではスリランカ時間で過ごさなければならないと、人のことは全く言えないロロさんとうなずき合ったのでした。

 結局時間があまりなくてはしょる形で遺跡巡り完了。写真はアヌラーダブラで人気の「サマーディ仏像」と精巧な細工が美しく保存されている「恋人の像」です。

imageimageimage



 

 

アーユルベーダ@スリランカ

image


 スリランカから帰ってきました。

 スリランカに行った一番の目的はアーユルベーダホテルに1週間泊って、ロロさんと一緒に心身ともに浄化する、ということでした。なにせ今年の大きな目標の一つに「身体を治す」があります。

 アーユルベーダはインドやスリランカに5000年前から伝わる伝統医療のことです。
 
 初日にアーユルベーダのドクターの診断があり、その人の脈をとったり舌を診たりして、体質に合わせたトリートメントや薬や食事の1週間のメニューを組んでくれます。なか日と最終日にそれぞれコンサルティングがあるほか、何か問題があれば、いつでもドクターに診てもらえます。

 滞在中は毎日飲んでいたお酒も断酒、食事もオーガニックの野菜か魚、肉はなし。

 朝は太陽が昇るころ6時に朝ヨガから始まります。瞑想をして宇宙と交信してから身体をほぐします。午前10時45分の針治療まで海水プールで泳いだり、海岸を歩いたりして過ごします。ロロさんと私はメタボカップルなので、治療の一つにダイエットがあり、ドクターに、
「あまりリラックスしないで、ジョギングしたり歩いたりするように」と言われました。

 午前11時30分にハーブやスパイスを用いたオイルで全身をシンクロマッサージ。その後問題のある部位にシップされながらテラスでくつろぎます。その後ハーブバスや時にはハーブのスチームバスに入ります。

 午後は特別トリートメントが入らなければゆっくりできるので、サービスの小旅行などのエクスカーションに参加しました。

 一番大変だったのが薬です。すべてホテルで作る生薬ですが、一日6回10種類ほど飲みます。しかも朝6時から!

 以上が基本的なルーティーンですが、お食事が美味しくて食べ過ぎたロロさんと私は途中でドクターから下痢治療を施されてしまいました。朝抜いてハーブの下剤を飲んで、1時間歩いて、3リットルの水を飲み、昼は赤米のおかゆのみ。夜はおかゆと全粒粉パンだけ。翌日の朝もおかゆと全粒粉パン。昼は野菜カレー。

 おかげでロロさん3キロ、私1キロやせました。身体が軽くなって頭もクリアーになり意欲も出てきました。

 しか〜し、チェックアウトして空港に着いた途端、誰かさんは立て続けにビール2杯。東京に来てから友人と日本酒ガボガボ! 一体何しにいったのかしらね、全くもう!

 ロロさん曰く「沢山飲めるようになるために行ったんでしょ?」だって!! 
imageimage
 

スリランカに行ってきます♪

image


今日から17日間ほどダーリンのロロさんとスリランカに行ってきます。

 本来の目的はアーユルベーダを1週間ほど受けて身体を浄化させることでした。そもそもこの長い休暇の目的の一つに色々な悪いところを治す、というのがあります。
 
 アーユルベーダはスリランカの伝統医療で、専門医が脈をとったりして診察し、その個人に合わせたカリキュラムを組んでくれます。その個人の症状に合わせて、薬が出て、お茶が出て、マッサージしてくれて、針を打ってくれて、食事をアレンジしてくれます。

 アーユルベーダに興味がある石神井公園の仲間うちで一緒にアーユルベーダーで有名なバーベリンリーフに1週間滞在しようと、盛り上がったのです。
 
 みんなは1週間なのに、ロロさんと私はなぜか17日間になってしまいました。
 
 なぜなら健康より美食を!というフランス人シェフのロロさんはアーユルベーダにあまり興味がなく、
「リミコのアーユルベーダに1週間付き合うから、僕の遺跡巡りにも1週間つきあってよ!」
とゴネタもんだから、トータル色々で17日間にもなってしまったのです。まあ、商売を始めるとそうは長期の旅行にしょっちゅう行けないので、まあ、いっか。

 ロロさんはテレビでもバラエティ番組は観ないし、歴史ものやドキュメンタリーなど観ます。映画でもハリウッドの娯楽大作映画はあまり好まず、シリアスなドラマを好みます。なんだか日本の昔のお父さんのような趣味だなあ、といつも思います。ちなみに私はXmenとか超能力ものなどをみんなで盛り上がりながら観るのが好きなのですが、ロロさんは「くだらない」と却下します。

 せっかく行くのだからスリランカ料理(カレー)やスパイスなども研究してこよう、思います。そして、アーユルベーダで心身ともに浄化されたら、いいなあ。

 今までの暴飲暴食、悪行三昧もアーユルベーダ一で回リセットして人生後半がんばりたいです(それにしても相変わらず、あくまで他力本願のわたしです)。
 

金沢の温泉銭湯、レモン湯

image


 根性もヘソも曲がっているが、ついでに背骨まで曲がっているようで、20代前半の頃から肩こり、背中こりに悩まされていた。

 それが50歳くらいまで続いていて毎週整体やらマッサージやらに通ってなんとか30年程ごまかしていた。ごまかしていた、というのはその効果はほとんどその時血流が一時的によくなり治った気になっていただけで、すぐにまたコリコリに戻っていたからだ。しかも結構金額もかかりひと月2万円超えることもただあり、金欠病の原因にもなっていた。

 ところがこの30年のコリコリが50歳のときにあることを仕出してからはなくなってしまったのだ。そのあること、とは?

 近所の温泉銭湯に行って温冷交互浴を行う、というものだ。

 温冷交互浴とは、水風呂に1分、温泉に1分を繰り返し行うことだ。私の場合は水風呂に1分以上、温泉に好きなだけ、のセットを7回くりかえし、それを週に1回行っていた。

 すると、あれほど苦しめられた肩こり、背中こりがなくなってしまった。きっと冷水でギュッと縮んだ血管が温泉で温められて一気に広がり、血流が良くなるからだと思う。それも一時的ではなく、かなりの間続くのだ。

 石神井公園にいた頃は桜台に久松湯という温泉銭湯があって、もっぱらそこを利用していた。銭湯代460円、電車代往復360円、合計820円ですみ重宝していた。

 ところが今回金沢に移住して新たに温泉銭湯を探さなければならなくなったが、ありました、銭湯温泉レモン湯が! しかも自転車で行けるので、銭湯代440円のみの負担。お湯は黒くてぬるっとしていて、美肌によさそうです。

 レモン湯に通って肩こりだけではなく、美肌になってちょっと太めの美魔女を目指すことにでもしますか!?

金沢のラーメンでフランスを感じる!

 金沢で定評のあるラーメン屋さん「神楽」にダーリンことフランス人シェフのロロさんと訪問しました。
image


 来年ロロさんとフレンチレストランを金沢でオープン予定ですが、それまでにロロさんの膝やら歯やら悪いところは全部治しておこう、と思っております。

 まずは、膝。ロロさんが19歳の頃、まだフランスに徴兵制度があったので1年軍隊に入ったとき、ラグビーの授業でしこたまタックルされたせいか膝を負傷。金属を入れる手術をしましたが、20数年たつとその金属もずれたか劣化したかで再び膝に痛みが発生したのです。
 
 そこで自宅から便利な市立病院へ。しかしドクターから
「スポーツで痛めた膝はスポーツドクターがいいよ」と結局無駄足に。

 受診まで結構長く待ったのに〜。しかしただでは転ばぬロロさんとわたし。自宅へ帰る途中に金沢で評判の自然派のラーメン屋さんがあったではないか。

 その名は「神楽」。以前私一人でラーメンを食べてからお土産にチャーシューを買って行ったら、ロロさんが
「すっげーうまいハム!」と喜んでいたのを思い出したのです。

 ずーっと評判の店だが、ミシュランのビブグルマンに選ばれてから行列がさらに長くなったと聞いていたのでちょっと遠慮していたのですが、今日は幸いそんなに混んでおらず、行列を待つ習慣がないフランス人のロロさんもオーケー。

 一番人気の神楽ソバと無添加餃子とチャーシュー飯を注文。醤油味のラーメンスープをすすり、チャーシューを一口かじる。
「うまい。そしてなぜかフランスを感じる」
 スープは澄んでいて優しいがしっかり塩のパンチが効いた味。フランスの本格コンソメスープにゲランの天然塩を加えて、醤油を垂らしたような、味がするのです。
 
 そしてチャーシュー。ロロさんが「すっげーうまいハム」と言ったように、フランスの美味しいハムの味がする。
そこでチャーシューの説明書きを読むと「豚肩ロースをフランスの料理法で作った」と書いてある。なるほど。

 日本の代表的庶民料理のラーメンにフランスのテイストを感じる。う〜ん、シュール!と思いながら満足して帰途についたのでした。

 想像だけれど店主はもしかしたらフランス料理を作っていたのではないか? とまで思った。次回聞いてみよう。

image

マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンしました。

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175

・駐車場:沼田町交差点スーパー「ひまわりチェーン」駐車場 4番、12番、15番です。
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ