ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2007年01月

鏡リュウジの占星術

 新宿鏡リュウジのプラネタリウム番組のプロモーションをやっていた。生年月日と生まれた場所、時間を入れると占星術のデータが取り出せる、というしかけだった。ひそかに鏡ファンの友人とやってみる。
 しかし、家族は誰も生まれた時間を覚えていない。父は「午後3時くらいだったと思う」といい、姉は「夜中だったような」といい、生んだ母親でさえ「あれ、お昼じゃなかった?」というあいまいさ。私って実は望まれない子だったのかしら?と疑うほど。まあ、いくらなんでも母が一番近いだろう、と正午を選択。
 なんといっても一番興味の恋愛運を司る金星をみる。「あなたの金星は牡牛座にあります」とのこと。この場合、「安定した恋愛、一緒にいて安心できる人と穏やかな恋がしたい」というらしい。まあ、ダーリンことフランス人シェフの ロロさんの美食で培った出腹は確かに安心感を呼び起こしてくれるし、一緒にいて楽だからとかリラックスできるところがポイント高いから当たっているかも。
 一方のロロさんは「金星は天秤座にあります」とのこと。この場合、「絶妙な駆け引きで相手の気持ちを引き、追いかけさせる」とある。うーむ、微妙。なんだか当たってないような気がする。やっぱり生まれた土地の選択が日本の都道府県しかなく、ロロさんのフランスは選択肢になかったからその他を選んでしまったからかしら。

 占星術師というと怪しいイメージがありますが、鏡さんは占星術の本場イギリスできちんと文献から学問として学んだ模様。占いって統計学で、古くからある学問なのだから、日本でも大学で学べるといいのになあ、って思います。ラスベガスにはディーラー養成の大学院まであるのだから、日本も磁場の強い富士山や伊勢神宮あたりに村おこしも兼ねて占い大学院なんかできると生徒集まると思うのになあ。

 人の心を覗く職業だからなかなか学問では割りらずにスーパーパワーの分野として残しておいたほうがいいのかしら。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

ラ・ガレット・デ・ロワ

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお国フランスの伝統的なお菓子のご紹介です。ラ・ガレット・デ・ロアといい、フランスでは新年に家族や友人とドキドキ・ハラハラしながら食べるパイです。
 なぜ、ドキドキ・ハラハラか? それはパイの中には一つだけフェーブと呼ばれる小さな陶器が入っています。切り分けて食べたとき、フェーブが当たった幸運な人はその日王様や王女様となり祝福され、その一年は幸運が続くと言われています。

 この習慣には1月のキリストの公現節に因んでいます。昔からこの日の祭礼には、ソラマメや金貨などを入れた大きなお菓子を焼き、それが当たった人を王や王妃に選んだそうです。ちなみにフェーブとはフランス語でソラマメのことです。この陶器はイエス像や人形、車、フルーツなど様々な形で最近でコレクターも多く日本でも注目されているようです。

 ロロさんがヘッドシェフを務める「ブラン・ド・ミュゲ」でもデザートとして季節限定(本日まで)提供しており、私の知り合いと先日ディナーに行った知り合いが見事ゲット。彼女は紙で出来た王冠をプレゼントされ、験のいい一年のスタートに大喜びでした。

 皆様も家でケーキやパイを焼いたとき、こっそり小さな陶器(フェーブ)を入れてみてはいかがですか? お友達を招待したときなど、ちょっとした遊び心で盛り上がると楽しいですよね。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。忙しさにかまけブログもすっかりご無沙汰してしまいました。今年から心機一転がんばりま〜す。
 新年といえば今年の目標ですね。ミミも一年の計を立ててみました。

1、さぼりにさぼった小説を書くー会社員として社会に埋没気味の今日この頃。だんだん自分らしさを失っていくような気がします。自己回復のリハビリにもなるかな。
2、NHKラジオ・フランス語講座を聴くーフランス語を少しでも上達し、ダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお母さんと国際電話で話す際怯えないようにするため。
3、NHKラジオ・ビジネス英会話を聴くーロロさんとのコミュニケーションツールである英語をブラッシュアップするため。それに講座内容が時事にあっていて面白いから。
4、人をむやみに批判しないことー最近周りで中学生時代に戻ったかのような悪口大会が横行。カナダ・トロント時代のカナダ人のルームメイトのお母さんと話したとき「大切なのは人を批判しないこと」と言っていた言葉がよくわかります。


 「小説を書く」ことを一番目に挙げたのは、自分を見つめ直すことにもなるし、自分の力量として文章を書いて成長したいから。ロロさんのフランス人シェフとしての進歩は最近目覚しいものがあります。もちろん本人の努力もありますが、やはりお客さんに育ててもらっているんですね。ヘッドシェフとして自分の料理という作品で勝負して認めてもらう。その繰り返しが彼を成長させているようです。
 それに引き換えミミは・・・。なんだかどんどんロロさんに差をつけられて置いてけぼりにされているような寂しさを何となく感じるのです。
 というわけで原点に戻って「書く」ことをまたはじめようかな、と思います。早く一緒に成長していっている実感を得たいなあ、という感じです。

 皆さんの一年の計はいかがですか? お互いよい年にしましょう!!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。


マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンします。

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ