ダーリンはフランス人シェフ

私のダーリンは年下のフランス人シェフ・ロロさん。外国人にも飲食業にもトンと縁のなかったはずの私が、ロロさんとフレンチデリカ&レストランをオープンすることに!

2007年04月

ミシュラン初の日本旅行ガイド発行!

 レストランの格付けで有名なミュシュランが初の日本旅行ガイドを発売しました。4月25日の朝日新聞によると、ユーロ高が定着したうえ、寿司の流行で、日本を訪れるフランス人が増えたためだそう。さて、その格付けの結果は?

 見事三ツ星を獲得したのは日光、東京、高尾山、富士山、高山、京都、姫路城、そして厳島神社。意外なのは、高山と高尾山では? 高山は確かに個性もあり、伝統もある美しい街だなあ、と密かに思っていたところ。さすがミシュランの調査員は目が高い。
 ミミの故郷の金沢市は二ツ星。二ツ星でも立派なものなんだろうけど、やっぱりちょっと悔しい。調査員さん、ちゃんと西の廓と東の廓見たの?とちょっと難癖気分。

 ナント11月には東京を対象にしたレストランガイドを日本語と英語で発行するそう。今ちょうど覆面調査員が色々なレストランを食べ歩いている最中だとか。ミシュランと言えばグルメの殿堂。いよいよ日本で本領発揮といったところでしょうか?ダーリンことフランス人シェフの ロロさんのお料理もぜひ食べてもらいたいなあ。調査員ってどんな感じなんだろう。なんだか無理に自然に見せているような気がするので、ラフな服装で目だけランランとしているフランス人なんてチョット怪しいかも。
 みなさん、そんな怪しいフランス人をレストランで見かけたらぜひ教えてくださいね。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

 

名古屋:ミッドランドスクエア

 世界のトヨタのお膝元、名古屋に出張しました。アポアポの間にちょっと時間があったので、3月末にオープンしたミッドランドスクエアに。
 もう世界のブランド店はもちろん、まだ東京にしかない世界的名店がずらりと揃った豪華な空間でした。例えば、チョコレートブームの火付け役のベルギーの「ピエール・マルコリーニ」やシックなフランスのフラワーアーチストのお店「クリスチャン・トルチュ」など、東京以外はこのミッドランドスクエアにしかお店がありません。ご一緒した大阪の広告代理店の方が「なんで大阪すっとばすんや」とちょっとお怒りでした。
 今日本で景気がいいのは東京と名古屋、といわれています。しかしタクシーの運ちゃんや、アポ先の方曰く「ぜんぜん実感なし!」とのこと。トヨタの一人がちでしょうか? しかし、ミッドランドスクエアには高級ブランドの買い物袋を提げた名古屋嬢がいっぱい。お金、あるところにはあるんですね。それにしても名古屋嬢って、みんな髪がバッチリカールで決まっているんです。こんなところにも少し名古屋カルチャーを感じました。
 お休みで一人お留守番のダーリンことフランス人シェフの ロロさんにニューヨーク・ソーホーで鳴らしたデリカ「ディーン&デルーカ」の丸ごと玉ねぎの肉詰めとアボガドグラタンを買っていったのですが、一言「まず〜い」。食べてみると、見た目はいいのですが、玉ねぎは硬いし、アボガドとグラタンの味もマッチせず、がっかり。でもロロさんは「アメリカンフーズだから当然。がっかりもしないよ」と言っておりました。名古屋でアメリカンではなく、やっぱり手羽先でも買っていけばよかった!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

からっぽクラブ:桃源郷ハイキング

水仙と桃桃園

 久しぶりに女性のための山の会「からっぽクラブ」のイベントに参加しました。そのイベント名は「桃源郷ハイキング」。名前の通り本当に桃の花満開の桃源郷の世界でした。
 勝沼ぶどう郷で待ち合わせをして、蜂城山を目指しました。遠目からはピンクのじゅうたんのように見えるほど、一面ピンクの桃畑の中を歩いていると気分はもうお姫様。ロマンチックな気分で歩いているといよいよ蜂城山の登山道に入りました。800メートル弱の山だと侮っていたのですが、以外と急斜面。ピンクの世界から一気に茶色の山の世界に突入したのでした。
 すると、突然Kさんが「あ、たらの芽」と叫ぶと同時に林の中にすばやい動きで分け入っていくではありませんか? そうです。この山実はたらの芽の宝庫でもあったのです。それからは色気よりも食い気に走り、みんなでたらの芽採りにもう夢中。山菜採りのプロともいえるKさんの指導のもと、みんなでたらの芽の目になって探しながら登ったのでした。その結果は大収穫。桃源郷がたらの芽採りに様変わりし、頭はたらの芽のほくほくてんぷらで一杯になって帰途についたのでした。
 この経験で気づいたこと。5人で行って、ミミだけがたらの芽を見つけられませんでした。な・なぜ? そういえばよくダーリンことフランス人シェフの ロロさんが「ミミ、あそこに猫が!」といっても、ミミは見つけられず悔しい思いをしたことがただあったっけ。動体視力が悪いせい? 
 今までロロさんが特別に目がいいんだ、って思っていたけれど(だってよくお金拾ってくるし)、ミミの鈍さが原因だったんですね。

 そうそう帰りに大菩薩山ろくの秘境の湯「嵯峨塩館」の温泉(滝が見える露天風呂付き、何と500円)に寄りました。その辺は「砂金がとれる」と地元出身のKさんのことばに「ミミさんは、たらの芽はみつけられないけど、砂金は見つけられそう」という声が。なんといってもグルメとお金が大好きなミミ、大いに納得したのでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

フランス人シェフ・ロロさんのお花見

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんとお花見に行ってきました。ロロさんは日本に来るまで、何と桜を見たことがなかったそう。の春にあちらこちらで一斉に美を競うように咲いては、一瞬で散ってしまう桜に美を見出したようです。日本で初めて桜を見た5年前から毎年花見はかかしません。
 今年は東京・吉祥寺井の頭公園でお花見。しかし、さすがフランス人シェフ。シャンパーニュ持参です。ミミが「じゃコンビにで紙コップ買ってくるよ」というと、「シャンパンに紙コップ!」と絶句状態。「僕が百円ショップでシャンパングラスを買ってくる」ということで、井の頭公園の池の淵の桜の下でシャンパングラスで乾杯したのでした。ロロさんも満足の演出で「これが本当のロマンだよね」とうっとりとしておりました。
 お金とグルメが大好きな超現実派のミミもこのときばかりはうっとり。ロマンチックなお花見を堪能したのでした。チャンチャン。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

マルシェロロ情報

●閉店のお知らせ:6月19日を最後に閉店致します。いままでありがとうございました。

◎5月29日(日)照姫祭り参加のためランチお休みします。ディナーは通常営業いたします。

◎マルシェ弁当(テイクアウト)始めました。1680円&2880円(1人前)。2日前までのご予約をお願いします。

◎オードブルセット(2〜3人分)3780円&5150円始めました。2日前までのご予約をお願いします。

◎送歓迎会に!パーティプラン(6名様以上、平日限定、2H、要予約)
・フレンチコース(前菜、メイン1~2品、デザート)
*プラス500円でビール飲み放題に

◎ご予算に応じて、お弁当ご予約承ります(2日前まで、2人分2100円から)

●フレンチレストラン
マルシェロロ
練馬区石神井町2-13-5-102   03-6763-0909
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。ロロさんが東京・石神井公園にてフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」(TEL03-6763-0909)をオープンしたのでママさんとして日々奮闘中。
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ