ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2007年08月

新宿でビアパーティ

 72歳の現役ダンサーで友人の長谷川六さんの誕生日ビアパーティに参加しました。彼女の新宿にある事務所にあふれんばかりの六さんファンたち。若いダンサーや演出家、プロデューサー、造園家などアートフルな人たちのパッションで冷たいビールがよけい美味しく感じました。
 モダンダンスの若者ってもっと飛んでる人たち(ちと表現古し)だと思っていましたが、なんだか礼儀正しくてそんなに騒がないし、気を遣うし、とちょっと見直しました。それもこれも六さんの教育のたまもの? 
 ミミが72歳のときに、こんなに多くの若者に祝ってもらえるのか? 六さんのように若者たちから「かっこいい」と言われる70歳代にぜひなりたいものだ、と思いました。
 それから元同僚のTさんに会えたこともうれしかった。彼は造園家として海外青年協力隊メンバーとしてマレーシアで働きながら、オラウンターンと森で遊んでいたという全くもってうらやましい経験をしている美青年。
 
  六さんの誕生パーティでは若者からは静かなるエネルギーを六さんからはハンサムなエネルギーをTさんからは美しいエネルギーをもらえたとても素敵な夜でした。

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんは六さんが大好き。仕事で参加できなくて本当に残念そうでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

超大人の街・東京銀座

 昨夜は超大人の街・東京銀座で誕生会。ダーリンことフランス人シェフの ロロさんと友人の六さんが同じ8月生まれなので、一緒に誕生会をしよう、と思い立ったため。
 なぜ銀座を超大人の街と表現したのか? 六さんはこのブログでもたびたびご紹介させていただいている何と70歳代の現役ダンサー。一次会は銀座7丁目のライオンで生ビールをぐいっと。7丁目ライオンは元進駐軍(GHQ)のオフィスのあったところ。とてもアンティークな雰囲気で大人ビールの感じ。ここで六さんの中学校、高校の同級生の方と映画批評ではプロ顔負けのKちゃん、そして六さんロロさん、ミミのメンバー。二次会は六さんの小学校の同級生の経営しているスナックへ。
7歳代のご婦人3人と30代一人、40代一人、そして50代が一人というメンバーに。もう70歳代のご婦人たちの素敵なこと、また元気なこと。3人を見ていると銀座を堂々と歩けるのは70歳になってから?と思わせるくらいです。そのくらい銀座の風格と歴史にぴったり。だから銀座は超大人の街なのです。
 3人に共通していることは、まだまだオーナーとして現役でお仕事をされていること。そして感覚が若い。お一人はお孫さんへのプレゼントついでに私たちにも「人生ゲーム」という今はやりの貯金箱をプレゼントしてくださったほど。このゲームはお金をためるほど液晶部分の絵の人物が豪邸に住めたりするという面白グッズ。
 ミミもお金持ちで銀座が似合う大人になりたい、と「人生ゲーム」貯金箱に早速500円玉を投入したのでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

20年ぶりのゴルフ

 ゴルフを再開! それもなんと20年ぶりです。9月頭にどうしても仕事でゴルフをしなければならなくなったのです。20年前も140くらいとそんなに上手ではなかったから、これは猛特訓をしなければ迷惑をかけてしまう、と炎天下打ちっぱなし&個人レッスンを始めたのです。土曜日にレッスンを受け、日曜日に打ちっぱなしでおさらいをする、という土日フル回転ゴルフ特訓の開始です。
 しかし、暑い・・・。しかも20年ぶり=初心者も同然=とっても下手くそなので楽しいわけなし。とにかく星雄馬(古い!)並みの根性でがんばるのみ、と汗だく状態。唯一の救いがレッスンプロが渋くてかっこいいこと。しかも年齢も合う。つまり彼にとって私はおばさんではない! とハーレクィーン並の想像を働かせても暑さで想像が妄想に進化。
 このプロはイケメンなだけではなく、教え方も上手でリーズナブル(20分2000円)。ボールも5回に1回はいい当たりがでるようになってきて、的に当たった時は超うれしい。この成功体験でなんとか乗り切れそうです。
 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんもレストランでの仕事の合間に電話をくれて「ミセス・タイガー・ウッズはどう?」と聞いてくれます。コースにでるまで後1回の土日を残すのみ。さてどうなることかしら・・・。
 
一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

三軒茶屋中央という名画座

 今、三軒茶屋中央がかっこいいと思う。昭和27年ころ建てられた名画座だけれど、今見ると昭和30年代ブームのお陰か、とてもかっこよく見える。案の定映画のロケに良く使われているそう。しかも人気スポット三軒茶屋の一軒家。この名画座だけが坪単価が信じられないくらい高いこの土地を独り占めして建っている。
 デザインは当時そのままだけれど、とてもきれいで掃除が行き届いている。トイレなんかもピカピカだ。土地の使い方をはじめこんな小さなところにもオーナーの映画への愛情がひしひしと伝わってきます。
 
 友人が受付のアルバイトをしている関係上たまに訪問するのですが、今日の映画は特によかった。「華麗なる恋の舞台で」と「善き人のためのソナタ」の2本。「華麗なる〜」はサマーセット・モーム原作でアネット・ベニングがゴールデングローブ主演女優賞をとった映画。そのほかジェレミー・アイアンズなど芸達者が勢ぞろい。大物女優が小娘に夫と愛人を寝取られるが、その仕返しが痛快。こういう映画はミミくらいの熟女におすすめ。バカ女に日ごろ苦労している大人の女性大集合的映画だ。「善き人〜」はドイツの秀作。東ドイツの時代にいかに芸術家たちを監視していたかなど、ドキュメンタリー的に観ても面白いし、また、ストーリーも秀逸。体制化でも人間として生きる、ということがすばらしい。一見の価値ありです。

 この三軒茶屋中央、レトロだけれどもスクリーンの画質など訪れるたびに良くなっていたりと、とにかく前進を忘れない名画座です。今のオーナーががんばっている間にぜひ足を運びましょう。こんな純真な気持ちがのっかった映画館もう二度と現れなさそうですもん。
 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんとビールを買い込んで行きたいなあ、と思います。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。


 

 

とうちゃんとダーリン

 よく「うちのとうちゃん」という言葉があります。大抵は夫のことをさすようです。我家では子供がいないせいか、「うちのとうちゃん」は本当のミミの父親のことで、ダーリンが夫のこと。
 最近テレビのニュースで熱中症で亡くなるお年寄りの話がよく出ていて、思わず御年74歳の「うちのとうちゃん」のことを思い出したのです。そのとき、人前では父親と呼ぶが、心の中ではあくまで「とうちゃん」で、やっぱり「うちのとうちゃん」は父親のことだよなあ、と改めて思ったわけです。

 とうちゃんはブログでは詳しくはいえないけど、元人様のお手本にならねばならない司法関係の人間。しかしその実情はとっても人間ぽいのです。
 だって、自宅の中庭が「なんか寂しいなあ」と思ったら天下の名園・兼六園からりっぱな杉苔を盗んで植えている始末。まあそれなら、一株くらい増やすために失敬してもいいとおもうけれど、まだあるのです。近所のスーパーによく賞味期限切れの生鮮食品に50円引きだの、半額だののシールが貼ってあるじゃないですか。それを平気で新しいものに貼りかえていたのです。恐るべしとうちゃん。
 いくらミミがずうずうしいからって、そこまで出来ません。
 しかし、その事実を知ってからとうちゃんがますます好きになったのです。それまでは、母親から「(職業柄)頭カチンカチン」と言われていましたから。とうちゃんは好きだったけれど、やっぱり恐い存在でした。しかしスーパーシール事件から、まったく同じ主婦感覚を持つとうちゃんがより大好きで親しみがわいたのです。


 まあ、ダーリンことフランス人シェフの ロロさんを初めてとうちゃんに会わせた時、予想以上に意気投合したもんな。お互い言葉がわからないのに、フランス映画の話題で盛り上がったりしてたもんな(ジェスチャーと固有名詞でほとんど通じてた)。もともと、とうちゃんにはフランス人に通じる柔軟性があったのかなあ、とロロさんと結婚したミミは納得したのでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。

ジャグジーで花火

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんを日ごろ「このメタボ〜」と虐めている手前、ミミも「メタボちゃん」などと呼ばれないために、ダイエット開始。
 住まいのある明大前ティップネスができたので、暑い夏にもってこいのアクアビクスを始めたのでした。今日もプールでのワンレッスンを終えてジャグジーに入ろうとすると、人がうじゃうじゃ集まっているでは。野次馬精神満載のミミは何事かと当然人ごみを縫ってちゃっかり「いい湯だな」気分でジャグジーでまったり。みんなが窓の一方向を凝視しているので、ミミも思わず見ると、な・なんと花火が夜空の天空に。なんという贅沢ジャグジー! もう「ラッキー」とばかり堪能しました。
 どんな金持ちにとってもジャグジーで花火って超贅沢だよね〜、と思いながらお得な気分でホクホク。たぶん神宮外苑の花火でしょう。

 早速ロロさんに自慢すると「いいな〜」ととってもうらやましそう。次回のチャンスは来年かなあ。この明大前花火特等席はまだあまり知られていないスーパー特等席。来年はぜひご利用を。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。
マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンします。

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ