ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2008年04月

GWの営業

 マルシェロロのGW(ゴールデンウィーク)の営業について。4月28日(月)は定休日で、その後の4月29日(火)から5月6日(火)のランチ(カフェタイム含む)まではお休みなしで営業いたします。
 5月6日火)のディナーから9日(金)まで臨時休業です。5月10日(土)から再オープンです。
宜しくお願いします。

まいにちフランス語

 4月からがんばってNHKラジオ講座まいにちフランス語」を聴いています。ダーリンことフランス人シェフ・ロロさんとはカナダで知り合った事情もあり、ナンチャッテ英語(お互い英語が第二外国語)でコミュニケーションを図っていますが、「マルシェ ロロ」ではフランス語ば主流。お客様から4月号のテキストをプレゼントしてくださったこともあり、勉強することにしたのです。
 そうです、いつフランスに行かなければいけない事情ができるかもしれないし、いつ突然ロロさんのご両親や兄弟が来日するかもしれないし、フランス語は妻として必須だということはわかっていたのですが、あまりの発音の難しさになんとなく避けていた。
 だってロロさんを「ロロさん」と呼び出したのも「LAURET」という名前を正確に発音できないことから始まったのですもの。日本語読みだと「ローラン」ですが、実際は「ロホン」に近い鼻にかかった発音なのです。
 しかし、それにしても「まいにちフランス語」面白い! とっても素っ頓狂な冗談を交えて教えてくれるのです。例えば、「U」の発音は「口を藤壺のようにしてからイーという」と教えてから「まるで源氏物語のようですね」というちょっと苦しい落ちがつくのです。でもその台本某読みのジョークがなんだかおかしい。そして「h」など発音しない字が出てきて「その字の音はどこにいったのでしょうね?」と相方が聞くと、講師が「きっとお星様になったのでしょう、エトワール」と答えるのです。
その冗談が聞きたくて月、火、水の午後1時20分から35分までランチタイムを抜け出すこともあるくらい。もし突然私の姿が見えなくなったら、フランス語勉強中だとおもってくださいね。けっしてお星様になったわけではありません!?

 

エスクァイアに登場!

エスクァイア←写真はマルシェロロでしか食べられないヴァンデー地方の郷土料理

  ダーリンことフランス人シェフ・ロロさんのフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」が「Esquire エスクァイア日本版」6月号(本日4月24日発売、104P)に取り上げていただきました。
 まだオープンして6ヶ月未満で、都心のレストランでもないのに、どこでどのように探してくださったのか、ある日突然編集の方から電話があり「モアザンビストロという企画」にぜひ登場して欲しい、とのこと。「モアザンビストロとは、店のしつらえや規模、価格はビストロと同様ながら味は星付きレストラン並み」という意味で、目からウロコの企画だと思いました。そしてまさにマルシェロロが目指しているところとぴったりで「よくぞ選んでくれた!」と快諾しました。
 マルシェロロとしては初めての雑誌登場で、しかも「エスクァイア」ですもの。ロロさんはとっても喜んでいました。最近は少し落ち着いてきて以前のようにピョンピョン踊り!?はしないものの、もう似顔絵イラストどおりのにっこり顔。
 モアザンビストロを目指して、ますますがんばっていきます。どうぞ応援宜しくお願いしま〜す。

母来る!

母がダーリンことフランス人シェフ・ロロさんのフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」オープン以来、初めて金沢からはるばるお店にやってきました。
 ランチを母と姉と一緒に食べたのですが、幸い混んでいたので母は安心したようです。料理も「おいしい!」といってくれました。
 ちなみに食べたものは姉が、根セロリのムース、かにとイクラとサーモン添え、牛フィレのポワレ、母がカボチャのオレンジ風味のスープ(ロロさんオリジナル、ちょっとサプライズな味)、メダイのポワレ(手長海老とカニのバターソース)、ミミがブリのマリネ(ソースが絶品)、ウズラの二種(胸肉のローストとモモ肉の煮込み、ポートワイン、レーズン、フォアグラのエキスのソース)。
 母をみたスタッフのNさんが「ミミさんは昔きっと痩せていたんですね。だってお母さんもお姉さんも痩せていますもの」と言ってくれましたが。ビンゴ! ロロさんと出会ってから10キロも太ってしまったのです
 だって食の趣向がどうしても肉食獣化してしまったり、たまにロロさんが作ってくれたり、アルコール分解酵素が日本人の何倍もあるフランス人といしょくらい飲んでしまったりと・・・理由はワンサカ。でもロロさんはちっとも巨大化したミミを気にしていないので、本人も痩せる気になれず、「太ったね」と言われれば「だってロロさんのせいだも〜ん」と開き直る始末です。ああ、一生痩せられない
 せっかく母が来たので初日の夜は新宿のエルフラメンコへ。ずいぶん昔からある老舗ですが、踊りや歌は本格的で母も大感動。母は昔フラダンスフラメンコ(接頭辞は似ているけど、ずいぶん違う!?)を習うか迷った末、フラダンスにしたほどのダンス好き。グッドチョイスでした。私もフラメンコってそのダンサーの集中力や感情表現が少しバリ島のケチャックダンスに似ているなあ、と思いながらスペイン料理と一緒に楽しみました。
 二日目は新宿のそっくり館へ。そっくりさんのそっくりぶりはもちろん、その歌のうまさに、またまた母感動。
 あっというまの東京滞在でしたが、「楽しかった」と言い残して帰郷したのでした。

マルシェロロon文化放送

 ダーリンことフランス人シェフ・ロロさんのフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」が文化放送で紹介されました。
 「寺島尚正ラジオパンチ」というお昼の番組の中の「聞き耳パンチ」という商品紹介のコーナーに出演した際に寺島尚正氏が気を利かせてくださり「マルシェロロ」をご紹介してくれたのです。ちなみにその時の商品はお肌がぴかぴかになるコラーゲンでした。
 とにかく公共の電波に「マルシェロロ」の名前が乗るなんて。もちろんそのときのキャッチフレーズは「ダーリンは5歳年下のフランス人シェフ!」でした。
 レストランはロロさんと私にとって子供のようなもの。その子供がラジオデビューし、子供がお金を稼ぐ、という意味でステージママの気持ちが分かったような気が?
目指せ、リエママ!! ハーフなところも一緒だし(ちょっと苦しい落ちですが・・・)!?
 とにかくその話を聞いたロロさんもとってもうれしそう。ますますやる気になったようです。よかった。

西友通り商店街でお掃除

 我が愛すべき西友通り商店街の一員として商店街のお掃除に参加しました。商店街で定期的に持ち回りで通りのゴミを拾い集める、という活動です。
 ダーリンことフランス人シェフ・ロロさんのフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」ももちろんその栄えある一員です。
 朝9時に商店会会長さんが経営する不動産屋さんに集合し、軍手、たすき、ゴミを拾う道具をもらってゴミ拾い活動開始。なんだか不思議なことにゴミを拾っている間にだんだん誇らしい気持ちになり、「きれいにしている」という楽しい気持ちになってきました。
 ちょうどマルシェロロの前あたりをかがんでゴミを拾っていると「ミミ!」とちょっと怒気を含んだ声で呼びかける人が。顔を上げるとちょっとむっとしたロロさんの顔が見下ろしていました。なんで怒っているのかなあ、と思ってたら「僕のパーカー掃除用に着ないで!」とのこと。
 だって朝起きたら目の前にロロさんのパーカーが椅子の上にあったし、時間がなかったから手っ取り早く着てしまった、というのは言い訳。確かに掃除用に自分の服を着たくなかったという気持ちが働いたのでした。
 でもたすきがけの姿を見てロロさんは最後は笑って許してくれました。
 いつもきれいにしている西友通り商店街です。今後とも宜しくお願いしま〜す。
マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンしました。

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175

・駐車場:沼田町交差点スーパー「ひまわりチェーン」駐車場 4番、12番、15番です。
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ