ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2013年09月

フェイスブック始めました!

フレンチレストランマルシェロロはフェイスブックを始めました。フランス人シェフ・ローラン自慢のお料理写真をアップしています。よろしかったらのぞいてみてくださいね。

9/22(日)のディナーメニュー、シャンソンライブも!

画像 093◎写真上「ラム肉のロースト」
画像 086◎写真下「ある日の前菜盛合せ」

 






フレンチレストラン&デリカ「マルシェロロ」の9月22日(日)のディナーメニューは下記の通りです。埼玉県松村牧場の香り豚・ロースフレンチラック(骨付き300g)のグリルが本日新登場しました。また秋を先取り! アンキモのジェリー寄せも!!
  今夜は上原英里さんによるシャンソンのライブもお楽しみ頂けます(音楽チャージ無料)。

 
 














●コース料理 


・プチ・マルシェコース 4600円(パン付き)

◎前菜の盛り合わせ

◎メイン(お魚&お肉、温野菜)の盛り合わせ

◎デザートの盛合わせ

・シェフのお任せコース 6800円~7500円
6種類のシェフオリジナル料理+デザート

●アラカルト

前菜
◎前菜の盛合わせ 1980円
◎ウリとガーリックのキッシュ (サラダ付き ) 980円
◎温かい魚介のクリームスープ、とサフランクリーム添え (大)1000円 
                                  (小:カップスープ) 550円
◎冷たいレンズ豆とホタテのスープ       (大)1000円
                        (小:カップスープ 550円)
◎温野菜と葉野菜の彩りサラダ 980円
◎ポークリエット(サラダ付き)850円
◎フランス産フォアグラのテリーヌ 2150円
◎カンパチのマリネ、カルパッチョスタイル、ハーブのオイルソース(サラダ付き)1250円
*お刺身用のお魚をレモンの皮とフランスのお塩でマリネ!
◎ブルーチーズを鋳込んだジャガイモのクーロン 1100円
◎田舎風テリーヌ(豚肉と豚レバー)*サラダ付き  1000円
◎絶品!シェフ特製ニジマスとアーモンドのエスカベッシュ(サラダ付き) 950円
◎アンキモのジェリー寄せ、エシャロットのソース 1000円

(サイドメニュー)
◎パン 200円
◎シェフ特製オリーブ 500円
◎バター 150円
◎特製オリーブオイル 250円
◎ブルーチーズのグラタン 1050円
◎グラタン・ドフィノア 850円
(ベーコンとジャガイモのグラタン)
◎フランス産チーズの盛合わせ(サラダ付き) 1600円
◎シェフ特製スモークトマト 500円



メイン
*温野菜プレート 550円
◎鯛のブレゼ、パプリカのソース  1950円
◎フランス産白豆と生ハムの煮込み(モジェット) 1950円 
                *ヴァンデー地方の郷土料理
◎仔牛ホホ肉のブレゼ、桃のソース 2300円
◎ホタテとウニのムース、ガレットで包んで、海草のソース 2400円
◎フランス産鴨肉のロースト、トマトと松の実の甘酸っぱいソース、サツマイモとバジルのグラタン添え 2300円
◎魚のブランダード(マリネした魚のグラタン風) 1950円
◎松村牧場香り豚・ロースフレンチラック(骨付き肉、300g)、シェリービネガーのソース 2700円


デザート
◎キウイとココナッツのタルト 800円
◎チョコレートのババロア 800円
◎自家製赤い果実のコンフィチュールをのせたバニラアイスクリーム 600円
◎デザート盛合わせ(お任せ3種)1500円
◎レモンのシャーベット 600円
◎バラのジェリー、桃を添えて 600円
◎プロフィトロール(熱いチョコをかけたシューアイス) 1個500円

ご予約はマルシェロロ 03−6763−0909 までお願い致します。

仲秋の満月と山口恵以子

 ブログを書き始めた頃は日ごろのつらつらした国際結婚与太話をよく書いていたのですが、お店を始めてからすっかり営業ブログになってしまいました。そこでたまにはつらつら話しです。
 それにしても、昨夜の仲秋の満月は美しかった。閉店後にマルシェロロのテラスでフランス人シェフで夫のロロさんと月見酒。
フレンチレストランらしくワイングラスを傾けながらのお月見でしたが、中身はワインではなく日本酒がなみなみ。お月見という日本の風流にはやはりポン酒とススキがあう、という昨夜の気分だったのです。ただしススキは用意できませんでしたが。
 一方ロロさんはフランスにはお月見の習慣がなく、月を愛でながら酒をたしなむ、という気分ではないらしく、
「月の中のウサギをさがしてみよう」とウサギをさがしながら、最近凝り始めた日本酒くをうまそうに飲んでいました。
その日のお酒は石神井園南口にある酒屋さん「いせや」のマダムおすすめのお酒「日置桜純米ひやおろい山装う」です。9月にしぼったばかりの秋のお酒でまさに仲秋に飲むのにぴったり。一口飲んで「ブファー」と思わず悶絶。
 『はじめ人間ギャートルズ』というアニメをご存知の方ならマンモスつまみにはじめ人間たちが「ブファー」とどぶろくを飲むシーンを思い出していただけると、どれだけおいしかったか想像ができるはずです。
 常温で飲むと味が舌の中で甘み、苦味、酸味と華麗に変化していくのです。日本酒っておいしいなあ。
 私が「ブファー」と言っている間、ロロさんはやはりシェフ根性が抜けず、
「この酒にはアンキモのジェリー寄せ、いやいやニジマスのエスカベッシュがあう」とつぶやいておりました。
 次回は8年後という貴重な仲秋の満月を見ながらおいしい日本酒を飲んでいると、ふとある新進作家の言葉が頭をよぎりました。それは「酒はうすめて飲むな」という言葉です。正確にはその作家山口恵以子さんのお父さまの遺言です。つまりどんな酒でも酒は職人さんが丹精こめて作るものだから薄めてのむと失礼だ、ということらしい。そんな遺言をするお父様をお持ちの山口さんは今年松本清張賞という文学賞を受賞してゲットした賞金500万円を「全部飲んでやる」と豪語している無頼派です。50歳台半ばにして脚光を浴び、現在食堂のおばちゃんをしながら執筆活動をされています。そしてその座右の銘は「細かいことは気にしない」。日置を飲みながら「酒を薄めて飲まず、細かいことを気にしないってなんて素敵なんだろう」と酔った頭でなんだか当たり前のことなのに大発見をしたようなうきうき気分になったのでした。だって人生短いんですもの。細かいこと気にしてられませんよねえ。
 そして翌日つまり今朝。はしゃぎすぎたのか頭がいた〜い。「酒は薄めて飲まない」を座右の銘にするにはまだ修行が足りず、とりあえず「細かいことは気にしない」だけ私の座右の銘にしとこっと。
 

 
マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンしました。

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175

・駐車場:沼田町交差点スーパー「ひまわりチェーン」駐車場 4番、12番、15番です。
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ