ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2016年09月

スリランカ人とフランス人

image

 スリランカ旅行第一日目のこと。

 歴史好きロロさんのたっての希望でアヌラーーダブラ遺跡へ。アヌラーダブラは約2500年以上も前にスリランカ最古の都があったところです。

 宿泊先のコロンボから遺跡まで車で約5時間。午前中の涼しい間に遺跡巡りをするためにドライバーさんに朝6時にピックアップをお願いしました。

 アヌラーダブラは車でまわっても4時間くらいかかるし、聖なる場所なので靴を脱いで入る場所も多く、素足で炎天下を歩き回るのは結構アッチチなのです。

 しか〜し頑張って早起きして宿に付いていた朝食も食べず出発したのに、結局アヌラーダブラに着いたのは午後1時過ぎ。

 なぜか? それはスリランカ人とフランス人が一緒に旅をしたからです。

 まず出発して早々ドライバーのサンジュさんが、
「僕のホームタウン通るからそこの行きつけの食堂で朝食食べていい?」とのたまった。

 なに? 私たち朝食抜きでがんばって早起きして待機してたのに! と、一瞬思ったけれど、30分くらいのことで怒ってもしょうがないし、それに地元の人たちがいく食堂で朝ごはんも食べてみたいし、まあ、いっかとなりました。

 その朝ごはんがビンゴ! パンケーキにカレーという私からすると妙な組み合わせの朝ごはんが、シェフのロロさんが絶賛するほどおいしかったのです。しかもサンジュさんのおごり。文句のつけようがありません。

 しかし、その後が問題。サンジュさんと意気投合したロロさんがいきなり、
「サンジュの家族に会ってみた〜い」とのたまったのです。時間がない、と心配するのは日本人の私だけで、目の前のフランス人もスリランカ人もドライバーと客の関係を超えた新たな友情の芽生えに満足げな様子。
当然と言わんばかりに車はサンジュさんの自宅へと向かったのでした。

 自宅ではお母さん、奥さん、子供とサンジュさんの家族全員で出迎えてくれてありがたいとは思いましたが、時間が?と心配しているのは相変わらず私だけ。ロロさんはサンジュさんの家族と楽しそうに戯れておりました。

 居間でコーヒーでもというお誘いを瞬殺で断り、ドライブに戻ろうと促したのももちろん私です。

 ところが、なかなか車は遺跡までスムーズに進みません。なぜならサンジュさんがカード売りを見つけたら止まって私たちにふるまってくれたり、生ピーナッツ売りを見つけたら止まって一緒に食べたりするからです。そしてロロさんはそのたびにそこいらを散歩して写真とったりするからです。
 
 リラックスモードでいいのですが、この二人時間の逆算ということが全くできないようで、私も途中であきらめました。

 ちなみにカードとは水牛のヨーグルトのことで素焼きに入れ物にいれて売っています。ヤシの蜜をかけて食べるのですが、酸味があって美味しかったです。

 というわけで午後1時過ぎにアヌラーダブラのホテルに着いたのですが、
「もう暑いからお昼休憩にして午後2時に迎えに来るね」とサンジュさんが言ったので、律儀な私たちは2時ぴったりにホテル入口に。しかし、待てど暮らせどサンジュさんは現れず、午後2時40分くらいに登場。どうも昼寝が過ぎたらしい。

 旅行しょっぱなからここではスリランカ時間で過ごさなければならないと、人のことは全く言えないロロさんとうなずき合ったのでした。

 結局時間があまりなくてはしょる形で遺跡巡り完了。写真はアヌラーダブラで人気の「サマーディ仏像」と精巧な細工が美しく保存されている「恋人の像」です。

imageimageimage



 

 

アーユルベーダ@スリランカ

image


 スリランカから帰ってきました。

 スリランカに行った一番の目的はアーユルベーダホテルに1週間泊って、ロロさんと一緒に心身ともに浄化する、ということでした。なにせ今年の大きな目標の一つに「身体を治す」があります。

 アーユルベーダはインドやスリランカに5000年前から伝わる伝統医療のことです。
 
 初日にアーユルベーダのドクターの診断があり、その人の脈をとったり舌を診たりして、体質に合わせたトリートメントや薬や食事の1週間のメニューを組んでくれます。なか日と最終日にそれぞれコンサルティングがあるほか、何か問題があれば、いつでもドクターに診てもらえます。

 滞在中は毎日飲んでいたお酒も断酒、食事もオーガニックの野菜か魚、肉はなし。

 朝は太陽が昇るころ6時に朝ヨガから始まります。瞑想をして宇宙と交信してから身体をほぐします。午前10時45分の針治療まで海水プールで泳いだり、海岸を歩いたりして過ごします。ロロさんと私はメタボカップルなので、治療の一つにダイエットがあり、ドクターに、
「あまりリラックスしないで、ジョギングしたり歩いたりするように」と言われました。

 午前11時30分にハーブやスパイスを用いたオイルで全身をシンクロマッサージ。その後問題のある部位にシップされながらテラスでくつろぎます。その後ハーブバスや時にはハーブのスチームバスに入ります。

 午後は特別トリートメントが入らなければゆっくりできるので、サービスの小旅行などのエクスカーションに参加しました。

 一番大変だったのが薬です。すべてホテルで作る生薬ですが、一日6回10種類ほど飲みます。しかも朝6時から!

 以上が基本的なルーティーンですが、お食事が美味しくて食べ過ぎたロロさんと私は途中でドクターから下痢治療を施されてしまいました。朝抜いてハーブの下剤を飲んで、1時間歩いて、3リットルの水を飲み、昼は赤米のおかゆのみ。夜はおかゆと全粒粉パンだけ。翌日の朝もおかゆと全粒粉パン。昼は野菜カレー。

 おかげでロロさん3キロ、私1キロやせました。身体が軽くなって頭もクリアーになり意欲も出てきました。

 しか〜し、チェックアウトして空港に着いた途端、誰かさんは立て続けにビール2杯。東京に来てから友人と日本酒ガボガボ! 一体何しにいったのかしらね、全くもう!

 ロロさん曰く「沢山飲めるようになるために行ったんでしょ?」だって!! 
imageimage
 

スリランカに行ってきます♪

image


今日から17日間ほどダーリンのロロさんとスリランカに行ってきます。

 本来の目的はアーユルベーダを1週間ほど受けて身体を浄化させることでした。そもそもこの長い休暇の目的の一つに色々な悪いところを治す、というのがあります。
 
 アーユルベーダはスリランカの伝統医療で、専門医が脈をとったりして診察し、その個人に合わせたカリキュラムを組んでくれます。その個人の症状に合わせて、薬が出て、お茶が出て、マッサージしてくれて、針を打ってくれて、食事をアレンジしてくれます。

 アーユルベーダに興味がある石神井公園の仲間うちで一緒にアーユルベーダーで有名なバーベリンリーフに1週間滞在しようと、盛り上がったのです。
 
 みんなは1週間なのに、ロロさんと私はなぜか17日間になってしまいました。
 
 なぜなら健康より美食を!というフランス人シェフのロロさんはアーユルベーダにあまり興味がなく、
「リミコのアーユルベーダに1週間付き合うから、僕の遺跡巡りにも1週間つきあってよ!」
とゴネタもんだから、トータル色々で17日間にもなってしまったのです。まあ、商売を始めるとそうは長期の旅行にしょっちゅう行けないので、まあ、いっか。

 ロロさんはテレビでもバラエティ番組は観ないし、歴史ものやドキュメンタリーなど観ます。映画でもハリウッドの娯楽大作映画はあまり好まず、シリアスなドラマを好みます。なんだか日本の昔のお父さんのような趣味だなあ、といつも思います。ちなみに私はXmenとか超能力ものなどをみんなで盛り上がりながら観るのが好きなのですが、ロロさんは「くだらない」と却下します。

 せっかく行くのだからスリランカ料理(カレー)やスパイスなども研究してこよう、思います。そして、アーユルベーダで心身ともに浄化されたら、いいなあ。

 今までの暴飲暴食、悪行三昧もアーユルベーダ一で回リセットして人生後半がんばりたいです(それにしても相変わらず、あくまで他力本願のわたしです)。
 
マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンしました。

●キャンセル料について:ご予約を受けてから食材を調達しますので、キャンセル料が下記のようにかかります。よろしくお願い致します。
  〇ご予約3日前から前日前までのキャンセル:コース料金の30%
  〇ご予約日当日のキャンセル:コース料金100%

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175

・駐車場:沼田町交差点スーパー「ひまわりチェーン」駐車場 4番、12番、15番です。
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ