ダーリンはフランス人シェフ

フランス人シェフのロロさんと練馬で営んだフレンチレストランが、金沢市に移転しました。『マルシェロロ金沢』としてスタートします!

2016年11月

豆乳ヨーグルトを作りました!

imageimage

 


 ヨーグルトメーカー(ヨーグルティア)を使って豆乳ヨーグルトを作りました。

 牛乳は実は日本人は消化しにくい、という意見やかえって骨からカルシウムを奪ってしまう、などの意見があるので、骨粗鬆の母のために豆乳で作ってみました。

 味は牛乳から作ったヨーグルトとあまり変わらず、ややさっぱりめな感じです。

 ヨーグルティアは学んでいる発酵食大学を通して7700円ほどで購入しました。塩麹や醤油麹、そして甘酒も常に作って常備しているので、フル回転で使用しており、十分元が取れています。

 私のようにものぐさで長続きしない性格の者には、最初にお道具などに初期投資をして、「使わないともったいない!」と思いながら学ぶのも一つの方法かしら、と思いました。

金沢の発酵食ランチ&糀べんとう

imageBlogPaintimage

 


 ご近所にある老舗佃煮屋の四十万屋さんで発酵食ランチ(二回目)を頂きました。金沢でも予約開始初日でほぼ満席になるほどの人気です。

 今回のお品書きは、
●ぶりとフグの塩麴あぶり(チラッと炙ってありほぼ生のお魚を特製ポン酢で頂きます)
●豆腐コロッケとエビの天ぷら
●能登イカサラダ
●ほろふき大根、特製味噌のせ
●かぶら寿司、大根寿司
●トン汁
●漬物バイキング
●リンゴのソルベ

 フランス人シェフのロロさんも四十万屋さんの発酵食ランチが大好き。特にほろふき大根の上に載っていた味噌がお気に入りでレシピを尋ねたほどです。

 四十万屋さんの金城漬けという野菜の味噌漬けと特製柚子味噌を混ぜたものらしいです。帰りに早速購入して家でも作ってみました。image。微妙に違うけれど、まずまず満足の仕上がりになましたよ。

 また、金沢駅の芝寿司さんで「糀べんとう」(11月&12月限定)なるものを見つけました。

 創業百年を超える金沢のヤマト醤油味噌さんと押し寿司で有名な芝寿司さんのコラボです。老舗の糀が効いた深みのある味付けでさらに↑ 食べて556キロカロリーというヘルシーさが魅力です。

 ランチもお弁当も美味でヘルシーでお値段もそれぞれ税込み1500円、918円とリーズナブル。ますます発酵食にはまってしまいそうです。
 
 それにしても発酵食品は腸から健康になり美肌になるっていうけれど、いつになったら効果があらわれるのかしら? ロロさんがデンマークにいる間(デンマークの名店で修業)にきれいになってビックリさせてやりたいぞう!

甘酒を作りました!

imageimage

 発酵大学通信教育部の受業の一環で甘酒を作りました。

 そのままお湯で解いて甘酒として飲んでもよいし、お砂糖代わりに調味料としても重宝します。

 飲む点滴といわれるほど栄養豊富な甘酒にココナッツオイルを加えて朝食として飲んでいます。

 ココナッツオイルは認知症予防のためですが、甘酒に加えると少しアジアンテイストなデザート気分になり気に入っています。

 早速肉じゃがを甘酒を加えて作ってみました。フランス人シェフのロロさんも
「これおいしい!」と絶賛。普通の肉じゃがの作り方で、醤油を醤油麹に、砂糖を甘酒に替えただけですが、味により深みが出たような気がします。

 またビニール袋にカブと甘酒と塩を入れて揉みこむだけで簡単においしいお漬物も出来上がります。

 甘酒は炊いたご飯と水と米麹と炊飯ジャーがあれば簡単にできるので、冬のおやつにお料理にぜひ活用してみてください。

金沢おでんと読書会

imageimageimage

 金沢市の読書会に参加してその後の打ち上げで久しぶりに金沢おでんを食べました。

 読書会に参加しようと思ったわけは、一度ドロップアウトした文学の世界に気分だけでも戻りたい、と思ったからです。

 昔々教授に薦められてノリで大学院に入り、文学を学びかけたのですが、象牙の塔より実社会の切った張ったの方が当時は面白いと感じてしまい、あまり勉強もせずドロップアウトしたのです。

 社会に食い込んで働いていたころはあまり思わなかったのですが、今人生の秋休み中で、再び学びたいと思い始めました(ダーリンのロロさんはデンマークのノーマに修業に行くので、今はレストラン再開の動きがとれない状態です)。

 なんだかあまりにも自分を見つめることをしてこなかったので、急に暇になって虚無感を感じ、文学でも通して少し見つめたいなあ、と思っているのです。

 子どもの頃に親に「勉強しないとあとで後悔するよ」と言われ、50歳を過ぎた現在初めて実感中です。

 読書会のお題は『怒り』。吉田修一作の映画化でも話題になっている作品です。

 吉田修一さんがまだ駆け出しの頃、たまたまゴールデン街で隣り合わせになったことがあり、少し話したことがあります。吉田さんが隣に座っている若い男性を、
「今度の小説のモデルになっている人です」
と紹介してくださいましたが、きちんとモデルを据えて書いているから作品がとてもリアルなのかしら、と思った覚えがあります。

 緊張して臨んだ読書会ですが、肩肘張ったものではなく、自由に思っていることを勝手に話す会で、読んでない方も参加OKの気楽な会でした。この気楽さが長く続く秘訣なんだろう、と思いました。 

 打ち上げは念願の金沢おでん。おでんは今でこそ金沢の名物のように言われていますが、私の子供の頃は居酒屋の単なる延長のような存在でした。それが新幹線が開通するやいなやどのおでん屋も行列のお店になっていて、なかなか気軽に食べられなくて、ちょっと困惑しておりました。

 なので久しぶりにおでんを、しかも大人気のカニ面も初めて経験して、観光客のようにキャピキャピ感動したのはちょっと自分でも不思議体験でした。

 読書とおでんを楽しんだ秋の夜でした。

 

発酵食ディナー

image
image

 発酵食大学の通信教育部に入学してから約3週間ほど経ちました。その間、塩麴、醤油麹、甘酒についてのレッスンがありました。

 甘酒は今仕込み中なので、塩麴と醤油麹を使ってディナーを作ってみました。

 メニューは、
●塩麴を使ったもろこしご飯
●醤油麹のたまキャベ炒め
●大根とワカメの味噌汁
です。

 もろこしご飯は米と冷凍コーンと塩麴を入れてジャーで炊飯しただけですが、甘味と塩気のバランスが良い味になりgood!  ご飯よりパン党のフランス人シェフのロロさんも母もパクパク食べておりました。

 醤油麹のたまキャベ炒めは、ごま油と卵、野菜、キノコをニンニクと醤油麹で炒めただけの簡単メインですが、ロロさんが味付けをほめてくれました。

 味噌汁は自家製ではなく日本海味噌(麹味噌)を使用。金沢のソウル味噌でほっこり懐かし味で心も体もあったまります。

 3品とも簡単で栄養たっぷりで、しかも安上がりです。ものぐさでケチの私にぴったりなメニューとなり大満足です。

 それにロロさんに日本の伝統調味料の魅力を伝えられてうれしいです。彼の料理に隠し味としてぜひ活かしてもらいたいと思います。

 これぞ本当の糟糠の妻! この妻も発酵食品⁉

 料理が嫌いで代わりに作ってくれるだろう?とシェフと結婚したわたくしですが、発酵食のおかげで少しずつ料理ができる喜びを味わい始めました。

 自家製甘酒ができたら今度はどんな料理を作ろうかしら? 今から楽しみです。
マルシェロロ金沢情報

●2017年9月27日(水)マルシェロロ金沢をオープンしました。

●キャンセル料について:ご予約を受けてから食材を調達しますので、キャンセル料が下記のようにかかります。よろしくお願い致します。
  〇ご予約3日前から前日前までのキャンセル:コース料金の30%
  〇ご予約日当日のキャンセル:コース料金100%

●メニュー:1週間以上前のご予約制コース料理をご提供致します。
     ランチ:5000円(税抜き)〜
     ディナー:8000円(税抜き)〜
 *2名様以上のご予約をお願い致します。
  6名様以上の場合予算をご相談くださいませ。

●住所:金沢市寺町4-12-20

●☎050-7515-9175

・駐車場:沼田町交差点スーパー「ひまわりチェーン」駐車場 4番、12番、15番です。
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。故郷の金沢でフレンチレストランを再オープン!
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ