c4d2859b.jpg豪華客船「シンフォニー」に乗ったぞ!
 
ダーリンことロロさんの誕生日のお祝いを東京湾クルーズ「シンフォニー」
で。午後4時30分に日の出埠頭を出て、6時30分に戻る、というサンセット
クルーズです。夕日を見ながらフルコースのディナーを食べ、ワインを傾ける、
というのはなかなかロマンチック。「豪華客船にフランス人の組み合わせ」は
やっぱり合うな〜と思い、思わずニンマリしてしまいました(ちょっと自慢モード)。

ワイン飲み放題のコース
 
選んだコースは「フランス料理とワインのデュエット」というフルコース+
ワイン飲み放題のコース。一人8000円なり! このお値段は数あるコースの中で
かなりお安い部類。せっかくのダーリンの誕生日にケチってる!とお思いの方も
いるでしょう。
 
 しかし、それはフランス人の恐ろしさを知らない方々です。だって、キャツらは(急に
言葉が乱暴になる)アルコール分解酵素を日本人とは桁はずれに所有している民族で、
とくにワインの飲みっぷりは私からすれば、異常の部類。しかもフランス人シェフと
いう種族になると、それがもっと加速されるのだから、大変! 
 
 フランス人シェフの仲間たちとフランスレストランに行くと、もう、すんごい
太っ腹。値段よりも質、という感じで良いワインをしこたま飲む。例えば料理が4000円
だとするとワインは6000円という比率。
 と言うわけで、ワイン飲み放題、という選択になったわけ。さらに、ロロさんには「船に
乗ることが目的で、ついでに料理がついてきた」と、料理には期待しない
ように説明することも忘れない抜け目なさ。だって、フランス人シェフに真面目に
フレンチを食べさせると、「この赤ワインソ−スで使ったワインは何だ?」とか
とにかくうるさいんだもん。

 ちなみにメニューは
機∩虻據Д機璽皀鵑離灰鵐侫(ほとんどスモークといってよい)
2、カボチャの冷たいスープ(ロロさんもおいしいといっていた)
3、小鯛のムニエル、ラタトゥユ添え
4、牛ロースステーキ、XO醤ソース
5、デザート:フルーツゼリーと小倉アイス(ロロさんは小倉アイスがおいしい、といっていた) 
 ワインは白は飲める、赤は嫌い、とロロさん評価。
 メインのステーキのソースが中華風だったので、ロロさんは白ワインと合わせていた、
のが印象的。「ふうん、ステーキだからといって、必ずしも赤という訳じゃないんだ」
とひそかに感心。

 客船のデッキに出て、二人で腕を組みながら夕焼けから夜景に代わる海の景色を
みるのは本当に素敵でした。お料理、ワイン、雰囲気、景色などトータルすると
かなりお得なクルージングでした。
読んでくださり、ありがとうございました。