ロロさんと猫 ダーリンことフランス人シェフのロロさんは猫が大好き! パオーン(フランスでは猫はニャオーンではなく、パオーンと鳴く)と言いながら猫に近づき、ナデナデするのです。猫もロロさんだとなぜか逃げないで、甘えてくるので不思議です。もしかしたらロロさんの先祖は猫族だったのかもしれません。

シャロット 写真はカナダ時代にルームメイトが飼っていて、一緒に暮らしていた猫のムーに似た猫。フランス・ブルターニュ地方の良くレースが行われる海岸に行った時(ロロさんの実家から車で1時間のところ)、パブにいた猫です。ムーは交通事故でなくなってしまいましたが、今でもたまに一緒に散歩したことを思い出します。だからムーに似た猫を見つけたとき、とても懐かしかったのです。
少女と猫 猫が大好きなロロさんは通りで猫に会うと、決して無視できないのです。写真の猫は道端で猫を抱えていた見ず知らずの少女に頼んでパチリ。いつもデジカメを持ち歩いているミミがロロさんのために猫を見かけたら写真を撮ろうと思うのですが、なぜかいつも逃げられてしまうのです。ロロさんだったら逃げないのに・・・。猫って本能で怖いワイフを見抜けるのかも・・・。やさしくならなくちゃ。オニババと呼ばれないうちに。
 
 オニババといえば、三砂ちづる著『オニババ化する女たち』(光文社新書)が面白そう。女性の皆様、オニババ化現象にはお互いくれぐれも気をつけましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました