今日、以前紹介させていただいた季刊誌探健(たんけん)』の対談で、素敵な女性二人にお会いしました。かづきれいこさんと見城美枝子さんです。お二方とも50歳はゆうに超えているはずなのに、とても若々しく美しいのです。そしてお二方ともキャリアウーマンで、母でもあるのです。
 まず、スタイルのよさ! 足がスーッとしていてきれい。そして姿勢がよい。まず身体の元気のよさにびっくりしました。動きのキレが実によいのです。かづきさんが「人間はきれいに弱い。きれいになると、元気がでる」と言っていたことがよく納得できます。そして頭の回転の速さ。つまり、頭の元気のよさ。心身ともに元気一杯のお二人、という第一印象でした。素敵な方々に会えるのも編集者の仕事の魅力の一つですね。
 身体の動きのキレや元気はやっぱり、ふだんの食生活から。見城さんは「野菜をたっぷり」と栄養バランスばっちり。かづきさんは「90歳以上の方で元気な方は肉が好き。週一回肉を食べると、髪がつやつやになる」と以外な発言。今まで肉は悪人役でしたが・・・。やはりバランスよく食べることが大切ですね。
 そして頭の元気は心の元気。「メイクできれになっても心が元気でないと」とかづきさんは言います。仕事、子育て、家事をこなしながら、そしてきれいでいる努力もする。大変だけれどそんな張りのある生活や、家族や仕事上のお付き合いの方々といった沢山の人々から「必要とされている」ということがお二人を輝かせているのだなあ、と思いました。
 お二人をみていると、日本の熟女もまんざらではないなあ、と誇らしくなります。フランスでは女性はワインのように熟すればするほど、価値が上がりますが、日本ではまだまだ、そういう価値観は浸透していません。フランス的熟女のお二人に、その価値観をどんどん変えていってもらいたいものです。
 お二人の対談が載った『探健』は12月10日発行予定です。全国の病院や薬局、日興コーディアル証券のロビー、都民銀行のロビー、ティップネスなどに置いてあるフリーペーパーです。
 もし、欲しい方がいらっしゃれば、発行元の免疫抗体食品研究協会にお申し込みください。
 明日(10月22日)から25日まで、『探健』の取材で西表島に行って来ます。猫好きのダーリンことフランス人シェフのロロさんにイリオモテヤマネコがいる島、って教えたらジェラシーの塊になるので、そういう天然記念物の猫がいることはかえってきてから言おうっと。西表紀行については、またブログでご報告します。ネイチャーランド西表島はネット環境にないので、その間ブログはお休みします。また、再開しますので、忘れないでね。

最後まで読んでくださりありがとうございました