そうなんです。フランス人って体温高かったんです! その事実に気づいたのは、同じくフランス人を夫に持つ友人とカフェをしたとき。彼女が曰く、
「夫がフランス人はコートを着ない、って言うの」。
えっ? フランス人はコートを着ない! どういうこと?
 彼女のダーリンは東京に住んでずいぶんたつのに、最近ようやくコートを買ってくれた、というのです。彼女がいくら「コートを着て!」といっても、その都度「フランス人はコート着ない」と言い張っていたそうです。

 つ、つまりフランス人はやっぱり体温高いってこと? 実はダーリンことフランス人シェフの ロロさんも寒さに強いのです。ミミがセーター着てても半袖シャツだったり・・・。しかし、それはカナダ滞在が長かったために(5年以上住んでカナダ国籍も持っているくらい)寒さに慣れているのだろう、位に思っていました。
 そこでインターネットで調べてみると「フランス人の平均体温は37度から37,5度」という記述や、フランス在住の人々のブログでも「フランス人は体温が高い」という記述がいっぱい。体温37,5度って日本だと病気じゃないの? ちょっとビックリ&目から鱗。
 昔ドイツの航空会社に勤めている日本人スチュワーデスの本を読んで、その中に「ドイツ人は日本人より体温が高いので、自分が寒がっていてもドイツ人スチュワーデスは半袖のまま」という意味の記述があったことを覚えています。だってドイツは北の方だし、元々北欧のバイキングの血が入ったアングロサクソン系だから、大いなる偏見とともに「ドイツ人が体温高いのも有りかなあ」と思っていたのですが、ラテン系のフランス人もそうだとは! 

 そうか、今後はロロさんには夏物重視で考えよう。冬物バーゲンの季節だけど、体温が低いミミ用のものだけゴッソリ買い物すればいいってことよね!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。