最近ある事件により、ダーリンことフランス人シェフの ロロさんは「外国人はやっぱり差別されている〜」と思うようになりました。それまでは「日本には外人という人種がいるんだ」くらいにしか感じていなかったのですが・・・。

 そのある事件とは2005年の年末に起きました(ミミは金沢に帰省中)。ロロさんがフレンチお節料理の準備で大忙しだったので、深夜1時ころタクシーで明大前の自宅付近まで帰りました。タクシーを降りて少し歩いたとき、1人の警察官に呼び止められたのです。ロロさんの前後には日本人がいたのに、呼び止められたのはロロさんだけ。
 警察官によると「この付近で強盗だか、泥棒がいるらしい」ので調査している、とのこと。そこでロロさんは降りたばかりのタクシーの領収書を見せながら「レストランから戻ったばかりであそこ(指差して)の自宅に帰るところ」と説明しました。領収書には降りた時間が記載されてあったからです。つまり、その辺にうろうろしていなかった、という証拠を見せたのです。それにもかかわらず、警察官は「犯人は黒いジャケットを着ていた」とロロさんに詰め寄ります。ロロさんはモスグリーンのコートを着ていたのにもかかわらずです。しょうがないので、ロロさんは警察官と明るいところに移動して、
「見て、この色はグリーンでしょ?」といいました。
しかし、この警察官は「ID見せて」といったので、ロロさんが見せると「カナダから来たの(ロロさんはフランスとカナダの二重国籍なので)」といい、もうここまでくると嫌がらせや差別としか思えませんが、ナント「バックの中を見せろ」といったのです。
 みなさん、どう思いますか? 証拠のタクシーレシートを見せて、さらに犯人とはジャケットの色が違うということを見せて、もちろんIDも見せて、その上バックの中味を見せろだと〜、ふざけんな!!! 明らかに犯人扱いじゃないか?
 もちろん強面のミミとは違い温厚なロロさんは激昂せずに警察官にバックの中味も見せました。もちろん何にもやましい物なんかありません。そこでようやく開放です。
 冬の深夜の寒空にどれだけの時間を費やして罪をかけられ、嫌な思いをしたことか? 想像するだけでロロさんのことがかわいそうになります。
 そもそも警察官の制服を着ているからってそんなに偉いのでしょうか? 彼はロロさんのIDを請求する前に、偽警官でない証拠に自分の警察手帳を見せたのでしょうか? 3億円事件だって警官の制服を着た偽警官によって引き起こされましたよね?
 特権乱用するなら、ちゃんと自分の身分証明書である警察手帳を見せるべきです! そうしたらロロさんはその失礼な警察官の名前を確認できます。
 人間って面白いもので制服を着たら人格までかわってしまうんですよね! しかし、名前を確認されたら、すーっと一個の個人に立ち戻ってしまって、態度急変したりしますよね。それに後で警察署に問合せをすることも出来ます。

 ロロさんには次回から警察手帳の確認を要求するように伝えました。こんど同じことをしてみろ。ミミが許さないからなあ、覚えてろ! 

 すみません。今日はなんだか柄が悪くって。こんな日はナースの制服でも買って、制服の力でやさしくならなくっちゃ(注:変態やフェチではありません、制服力への皮肉で〜す)!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。