ジェンベ

ダーリンことフランス人シェフの ロロさんが忙しい合間にとれた3日間の夏休み!その初日はアフリカンディから始まりました。ミミが夢中のユッスー・ンドゥール(ロロさんも大ファン)のコンサートに行ったときもらったチラシに、ジェンベ(アフリカの太鼓)のワークショップの案内がはいっていました。ロロさんが太鼓好きなのを知っていたので、チェックすると私たちの夏休みの初日にドンピシャでジェンベ初級レッスンがあるではないですか? そのチャンスを逃すまいと早速申し込むと「まあ2人なら大丈夫でしょう」という返事。実際参加してみると教室にあふれんばかりの人で大人気。その人気のわけは?有名講師にあったのです。
 その名はママディ・ケイタ。アフリカ一のジェンベ演奏家で世界的に演奏家としてもまた、ジェンベの学校の校長先生としても有名です。

 40人いる生徒の中で全くの初心者はロロさんとミミとあと1人のたったの3人。初級クラスだけれど、みんな自分でジェンベを持参するくらいの熱の入れ方。つまりマイジェンベ持参の生徒ばかりなのです。
 ママディさんはとってもフレンドリーで初心者のロロさんやミミの手をとってわざわざ教えてくれました。ママディさんはギニア出身で、フランス語圏なので、ロロさんにとってはストレートにレッスンが理解できてよかったようです。

 40人がそろってリズムを刻むのはなんともスケールが大きく全身がビートして気持ちいいことこの上ナシです。ロロさんも超ご機嫌。とってもたのしいアフリカンディでした。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。