鋸山

 今年の夏休みはダーリンことフランス人シェフの ロロさんもミミもとっても忙しく、近場の千葉岩井近辺で過ごした3日間だけでした。
 この岩井、実は穴場。東京から高速バスで2時間くらいの手軽さで、とってもおだやかな遠浅のきれいな海に出会えるのです。
 ロロさんと岩井の海岸で浮き輪にのってプ〜カプカ。といってもケチって100円ショップで買った浮き輪だったので、犬掻きしかできない(戌年だから?)ロロさん用に買ったのに、サイズ的にミミのみ着用可。なので、ミミが浮き輪でプ〜カプカで、ロロさんはそれを引っ張る形(ちょっと虐待?)。でも、ロロさんもとってもうれしそうでした。

 岩井は海だけではありません。ちゃんと山もあるのです。しかも文化の香り高くて面白い山。その名は、「鋸山」です。名前の通りにギザギザした鋸歯のような形の山で関東最古の勅願所である日本寺を擁しています。日本寺には岸壁を削って完成した日本最大の大仏があります。写真は瞑想中?のロロさんと大仏。
 そのほかに東海千五百羅漢などがあり、山道に様々な表情の仏像が風化さらながらも鎮座する姿は圧巻でした。それぞれ違った表情、苦悩の表情、悟りの表情、穏やかな表情など、さまざまな表情を見せられて、人間の感情の深さとともになんだか業の深さのようなものも感じてしまい、少し恐かったです。

 しかし、この鋸山めぐりはかなりハードな道のり。なにせ階段が急でとってもよい運動になりました。アフリカンダンスにつづき、筋肉痛になったことは言うまでもありません。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。