牧羊犬

 ダーリンことフランス人シェフの ロロさんが、夏休み最後の日に出会ったワンです。マザー牧場牧羊犬として働いているワンです。
 ロロさんはワンよりニャンの方が好きですが、ワンもいい子なら大好きです。特に牧羊犬のように羊飼いの犬笛一つで見事に羊たちを追い込んでいく姿は「よくやった」とその忠犬ぶりにウルウルするくらいです。
 ところで、牧羊犬には二種類いるってご存知でしたか? 一つはよくテレビなどで見かけるワンで、吠えながら羊を威嚇するタイプ。もう一つは、目の威力だけで、睨みつけながら羊をコントロールするタイプ。写真のワンは後者のほうで、ストロング・アイヘディング・ドッグといいます。
 そのワンは少し年寄りでしたが、ベテランで年季がはいっているせいか、無駄な動きをせず、本当にまったく吠えず、羊を追い立てていました。静かなプロ意識を感じて、感動しました。別の場面で、若い牧羊犬を見たことがありますが、そのワンはピョンピョン動き回り、吠えるばっかりで無駄に羊を威嚇していました。そのワンは「見習い中」だと羊飼いが後で教えてくれて納得した覚えがあります。
 静かに無駄な動きをせず、目だけで威嚇する、まさに「静」の強さで、まるで眠りキョウシロウにつうじる、本当の強さを表現しているように見えます。それって、かっこいいですよね。マスター級の武道家って、そんなイメージがあります。

 ミミもロロさんを怒るときは(誰、何も悪くないロロさんを虐めてるだけって言ったの!)、キャンキャン吠えないで、お得意の猫目で睨むことにしました。でも、きっとぜんぜん恐くないよね〜、きっと。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。