ミミの住む東京・明大前には床屋さんのエステが経験できます。正真正銘の床屋さんで、清潔だけれど、ファッション性は皆無です。しかし、そこでは取っておきのハイテクニックのエステをやっているのです。
 最初に試したのは結婚式の前日。近所の菅原神社という小さな神社でダーリンはフランス人シェフの ロロさんと結婚式を挙げたのですが、ほとんど手作り結婚式。外国人半分、日本人半分が神社に集まり、シャンパンで祝ったのでした。
 その前日。ミミも結婚式だもの、きれいになりた、と思い、床屋さんで45分3千円のエステに挑戦したのでした。たぶん床屋さんの奥さんだと思うのですが、キチンとテクニックを習ったのでしょう。とっても気持ちよく、また設備もスチーマーなど揃っていて、お肌ツルツル大満足でした。結婚式当日親友のJちゃんが手配してくれた某有名女優のヘアメイクさんも「メイクは肌が命。肌がきれいですね」と言ってくれたほど。
 そこで、夏の肌の疲れをとる目的もあり久しぶりにエステに出かけたのでした。奥様は不在で、男性の床屋のご主人が担当。でも技術に遜色はありません。しかも新導入のカプセル型の吸引盤のようなものも駆使して、30分のところ45分くらいやってくれました。しめて2500円ほど。超安い。しかし、床屋さんならではのビックリがありました。
 な・なんと気持ちよくうとうとしている一瞬、早業でミミの鼻毛を1本はさみで切ったのです。あっという間の出来事でしばらく唖然として口が聞けないほどでした。たぶん、エステしている間、1本だけ伸びたミミの鼻毛が気になって気になってしょうがなかったのでしょうね。
 ショックというよりその早業の腕に感心した瞬間でした。

 皆様床屋さんエステに行くときは、鼻毛の処理には十分気をつけていきましょうね。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。