11月29日のフレンチデリカ&レストラン「マルシェ ロロ」のオープンに備えフレンチレストランで最後の仕上げとばかりに修業に行ってきました。お世話になったレストランは「ブラン・ド・ミュゲ」。ダーリンことフランス人シェフのロロさんが9月末までヘッド・シェフを務めていたお店です。
 ホール長のミケさんやFさんがとっても親切に教えてくださったこともあり、本当に勉強になりました。お皿を一度に3皿持つ方法やなるべく多くの皿を一度に下げる方法などノウハウが沢山。さらにグラスを多く持つ方法やグラスの洗い方、磨き方まで習得。また、経理面の処理も多く教わりました。もう目からウロコの連続で「身体で学ぶ」ということを文字通り身をもって知りました。
 これだけのノウハウを惜しげもなく教えてくれるのは一重にロロさんの人間関係のたまもの。今をときめくブラン・ド・ミュゲのオーナーも「お客様の話を聞くときは身体を傾けないで、姿勢を保ったままで」など色々と教えてくださいました。
 でもミミは手が異常に小さいので3皿持つのは至難の業。何度練習しても苦手感が拭えません。経験でカバーするしかないのですね。こればっかりは。お店でもしミミが3皿不安げに持っていたら、暖かい目でみてくださいね。よろしく〜。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。