ダーリンことフランス人シェフ・ロロさんのフレンチレストラン&デリカ「マルシェロロ」では、10月28日(木)&29日(金)ブルゴーニュ・ディナーのイベントを行います。その際お出しするワインはブルゴーニュで買い付けてきたものですが、その買い付けには苦行といってよい苦労があったのでした。
 その発端はロロさんもわたしもいまどき珍しく運転免許をもっていない、という事実から始まります。ブルゴーニュの丘に点在するワインナリーを巡るには車が必須なのです。
 そこでロロさん「自転車で行こう。駅前にレンタルサイクルあったし」と提案。はっきり言って、気がすすみませんでしたが、他には方法がないんですもの。ブルゴーニュのワインナリーで修業したエリック・ラクワ氏の紹介で、すでにアポもとってあるし、もう引き返せません。
 というわけで自転車でいざブルゴーニュへ。最寄駅のシャニー駅から10数キロ離れている上に、ブルゴーニュは丘なのです。アップダウンが激しい上にフランスの自転車は重くて大きい。しかも雨まで降ってきたのです。一所懸命こいでも歩いているのと変らないくらいのスピードしか出ません。スイスイこいでいるロロさんは後ろを振り返りながら半切れ状態で
「僕の70歳を超えたお父さんよりのろい!」とカンカン。
だってしょうがないじゃない! チビで太っているし、運動不足なんだから。でも太ったのはロロさんのせいだからねえ。と恨めしく思いながらあきらめずになんとかテューロン(Theulot)ご夫妻のワインナリーに到着。
 大幅にアポの時間を上回っていたにもかかわらず、にこやかに出迎えてくれました。ここはエリック・ラクワ氏が見習い時代に修業したところです。
メルキュレ4メルキュレイ3メルキュレイ2メルキュレイ1
気さくなご夫婦ですが、なんと2009年にワイン界のミュシュランともいえるギッド・アシェットにより2009年に満点の3つ星を与えられたというワインナリーだったのです。紹介ということで樽が並ぶ倉庫に案内してくださったり、丁度ボーヌまで行く用事があるということで、買い付けたワインをホテルまで運んでくださったり、本当に暖かく応対してくださいました。
 ワインの試飲は基本的には口に含んで味わったら吐き出すのでしょうが、あまりのおいしさとワインへの執着から全部飲んでしまいました。あ〜おいしかった!