image

 スリランカ旅行第一日目のこと。

 歴史好きロロさんのたっての希望でアヌラーーダブラ遺跡へ。アヌラーダブラは約2500年以上も前にスリランカ最古の都があったところです。

 宿泊先のコロンボから遺跡まで車で約5時間。午前中の涼しい間に遺跡巡りをするためにドライバーさんに朝6時にピックアップをお願いしました。

 アヌラーダブラは車でまわっても4時間くらいかかるし、聖なる場所なので靴を脱いで入る場所も多く、素足で炎天下を歩き回るのは結構アッチチなのです。

 しか〜し頑張って早起きして宿に付いていた朝食も食べず出発したのに、結局アヌラーダブラに着いたのは午後1時過ぎ。

 なぜか? それはスリランカ人とフランス人が一緒に旅をしたからです。

 まず出発して早々ドライバーのサンジュさんが、
「僕のホームタウン通るからそこの行きつけの食堂で朝食食べていい?」とのたまった。

 なに? 私たち朝食抜きでがんばって早起きして待機してたのに! と、一瞬思ったけれど、30分くらいのことで怒ってもしょうがないし、それに地元の人たちがいく食堂で朝ごはんも食べてみたいし、まあ、いっかとなりました。

 その朝ごはんがビンゴ! パンケーキにカレーという私からすると妙な組み合わせの朝ごはんが、シェフのロロさんが絶賛するほどおいしかったのです。しかもサンジュさんのおごり。文句のつけようがありません。

 しかし、その後が問題。サンジュさんと意気投合したロロさんがいきなり、
「サンジュの家族に会ってみた〜い」とのたまったのです。時間がない、と心配するのは日本人の私だけで、目の前のフランス人もスリランカ人もドライバーと客の関係を超えた新たな友情の芽生えに満足げな様子。
当然と言わんばかりに車はサンジュさんの自宅へと向かったのでした。

 自宅ではお母さん、奥さん、子供とサンジュさんの家族全員で出迎えてくれてありがたいとは思いましたが、時間が?と心配しているのは相変わらず私だけ。ロロさんはサンジュさんの家族と楽しそうに戯れておりました。

 居間でコーヒーでもというお誘いを瞬殺で断り、ドライブに戻ろうと促したのももちろん私です。

 ところが、なかなか車は遺跡までスムーズに進みません。なぜならサンジュさんがカード売りを見つけたら止まって私たちにふるまってくれたり、生ピーナッツ売りを見つけたら止まって一緒に食べたりするからです。そしてロロさんはそのたびにそこいらを散歩して写真とったりするからです。
 
 リラックスモードでいいのですが、この二人時間の逆算ということが全くできないようで、私も途中であきらめました。

 ちなみにカードとは水牛のヨーグルトのことで素焼きに入れ物にいれて売っています。ヤシの蜜をかけて食べるのですが、酸味があって美味しかったです。

 というわけで午後1時過ぎにアヌラーダブラのホテルに着いたのですが、
「もう暑いからお昼休憩にして午後2時に迎えに来るね」とサンジュさんが言ったので、律儀な私たちは2時ぴったりにホテル入口に。しかし、待てど暮らせどサンジュさんは現れず、午後2時40分くらいに登場。どうも昼寝が過ぎたらしい。

 旅行しょっぱなからここではスリランカ時間で過ごさなければならないと、人のことは全く言えないロロさんとうなずき合ったのでした。

 結局時間があまりなくてはしょる形で遺跡巡り完了。写真はアヌラーダブラで人気の「サマーディ仏像」と精巧な細工が美しく保存されている「恋人の像」です。

imageimageimage