imageimage

 発酵大学通信教育部の受業の一環で甘酒を作りました。

 そのままお湯で解いて甘酒として飲んでもよいし、お砂糖代わりに調味料としても重宝します。

 飲む点滴といわれるほど栄養豊富な甘酒にココナッツオイルを加えて朝食として飲んでいます。

 ココナッツオイルは認知症予防のためですが、甘酒に加えると少しアジアンテイストなデザート気分になり気に入っています。

 早速肉じゃがを甘酒を加えて作ってみました。フランス人シェフのロロさんも
「これおいしい!」と絶賛。普通の肉じゃがの作り方で、醤油を醤油麹に、砂糖を甘酒に替えただけですが、味により深みが出たような気がします。

 またビニール袋にカブと甘酒と塩を入れて揉みこむだけで簡単においしいお漬物も出来上がります。

 甘酒は炊いたご飯と水と米麹と炊飯ジャーがあれば簡単にできるので、冬のおやつにお料理にぜひ活用してみてください。