imageimageimage

 ダーリンことフランス人シェフのロロさんがデンマークの名店ノーマで頑張っている間、私にもできることはやってみようと、石川県の生産者さんについて調べることにしました。

 そこで見つけたのが「加賀能登食べる通信」です。

 これは、隔月で加賀能登の農業や漁業の生産者さんたちの思いを雑誌の形で紹介し、その生産者さんのとった魚や、育てた野菜やコメなどを宅配してくれる、というシステムです。

 11月号は能登町日の出大敷の五代目網元である中田洋助さんの「アオリイカ」です。大きくて新鮮なアオリイカが2杯も送られてきました。
 
 ちなみに中田さんは大志ある29歳の若者です。能登の定置網漁を廃れさせないよう神経締めを魚に施したり、ブランド化に努めたり精力的に活動しています。能登島のタコ漁で石川TOYP賞を取った31歳の平山泰之さんといい、能登には若い漁師さんががんばっているんだなあ、と感心しました。 

 ぷりぷりのアオリイカに感動しましたが、同時に「どうやってさばくんだろう?」と魚介は切り身しか買ったことのない私は一瞬青ざめましたが、ちゃーんと雑誌に初心者でもわかりやすいさばき方が写真入りで紹介されていました。

 1杯はバター醤油炒め煮(醤油麹を使いました)、もう1杯は刺身用に冷凍しました。イカは寄生虫がいるので一晩冷凍したほうが安全でしかも味も甘くなるそうです。

 食べた感想はとにかく柔らかくて甘味があるのにびっくりしました。さすがイカの王様でかつ中田さんの思いがこもったアオリイカのことだけはあります。

 ロロさんが帰ってきたら一緒に能登の漁師さんたちをぜひ訪ねてみたい、と思いました。そしてその思いを感じてロロさんの思いと重ね合わせていい料理ができたら最高です!