ダーリンはフランス人シェフ

私のダーリンは年下のフランス人シェフ・ロロさん。外国人にも飲食業にもトンと縁のなかったはずの私が、ロロさんとフレンチデリカ&レストランをオープンすることに!

もしかして鬼嫁?

ロロさんとロロちゃん

 先日パリのお土産を友人Cちゃんから頂いたときのこと。Cちゃんはダーリンことフランス人シェフの ロロさんが大の猫好きだと知っているので、猫カレンダーに猫のメッセージ付きカードを贈ってくれたのです。 

 かわいい猫のカレンダーに大喜びのロロさんが、カードに目をやったときに顔が大きく曇ったのです。ロロさんは鼻が高くって彫りが深いので、ちょっとした気分の変化でも表情が大げさに変化するのです。

「ねえ、なんでミミはミミちゃんで僕はロロさんなの? 」と変なことを聞くロロさん。

「ロロさんだと駄目なの?」とミミ。

「うん、僕もロロちゃんがいい!」とすっとんきょうなロロさん。

 つまり、こういうことらしい。ずっと昔(忘れていたくらい)、ロロさんが「”ちゃん”と”さん”とどう違うの?」とミミに聞いたことがあって、つい面倒だったので「”ちゃん”のほうがかわいいんだよ」といい加減に返事をしたことがあったらしい。つまりロロさんの中では「ロロちゃん」といわれたほうがキュートだと思っているらしいのです。

 とにかく細かいことが苦手なミミは、またまた面倒くさくなって「そうだねえ〜」と一言で片付けてしまったのです。だって、正確なニュアンスを伝えるのって難しいですよね。

 というわけで我家ではロロさんのことを「ロロちゃん」と家では呼ぶようになってしまいました。いくらなんでも人様の前では恥ずかしいので「ロロさん」と呼んでますが・・・。なんだか子供のころ家では「とうちゃん、かあちゃん」と呼んでいるのに、人様の前では「おとうさん、おかあさん」と言い直していたことを思い出してしまいます。

 しかし、習慣とは恐ろしいもの。前回帰省したさい、有名デパートの気取るべき化粧品売り場で、店員のいる前で「かあちゃん、こっちのほうがいいんじゃない?」と言ってしまったら、これまた外面がいい母親がキッとミミを睨んで「おかあさんは、こっちのほうがいいんじゃないかと思うの」とのたまっていました。きっといつか気取るべき局面で「ロロちゃん」と呼んでしまうのに違いありません・・・。

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。
 


「笑っていいとも!」から出演依頼?

 なんとダーリンことフランス人シェフの ロロさんが、フジテレビの「笑っていいとも」から出演依頼されたのです! 
 帰宅するとロロさんが開口一番、
「今日何があったと思う? 昼間の番組の黒いメガネのダークな背広着てる人の番組から電話あったの」とのたまう。
「え?メガネの人? テリー伊藤? ところで何処の局?」と芸能オンチのミミ。
「フジテレビ」とロロさん。フジテレビ、黒いメガネ、昼の番組・・・とクロスワードパズルを解くように思い浮かべると、
タモリじゃん!」ってことは「笑っていいとも?」と人気番組からの突然の出演依頼にロロさん本人よりも急にミーハーになるミミ。
「うん、テレビに出て奥さんのことを話してもらいたかったんだって。でも、僕日本語があまりできないから駄目だったみたい」とロロさん。

 ここで複雑な思いに駆られるミミ。ロロさんが出演できなかったことは、確かに残念! だってロロさんにもっと人気者になってもらいたいから。しかし、引っかかるのは「奥さんのことを話す?」こと。
 もしかして、フジテレビの方、このブログを読んでくれたのかしら。だって「ロロさん蹴った」とか「ロロさんから金を巻き上げた」話が載ってるし・・・。これって鬼嫁路線?
 そういえば、ロロさんに「きっとこの番組悪妻を持っている外国人を集めて、鬼嫁談義をさせる企画だったんだよ」と言ったとき、「悪妻を持っている外国人」というフレーズで「ハーイ!」ってロロさんが手を元気に挙げながら大きな声で返事したっけ。それってもしかして悪妻ぶりを喜んでるわけ? ますます困惑するミミでした。
 
 とにかく次回の出演依頼に備えてロロさんに日本語大特訓をしなくては! とにかくお金が大好きなミミ。もうりえママならぬ、ロロ妻で大きく稼ごうという算段。というのは冗談ですう。でもロロさん早く日本語上達してね!!

一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。
 

大酔っ払いにつき狂暴なり!

 昨日は久しぶりにおお酔っ払いしてしまいました。酒豪のお客様のご接待だったので、食事の後4件もはしご酒。そして夜中の12時ころにお見送りをしたあと、よせばいいのに一人で飲みに行ってしまったのです。しかも新宿で。少し緊張ぎみのご接待から解き放たれた開放感からか、上機嫌の酔っ払い。間違えて入った初めての店だったけど、ちょっとトシだけどイケメンのマスターを相手に饒舌ぶり大発揮。しかしやがて記憶があいまいに・・・。「じゃあ」と言って店を出たところまでは覚えているのですが、その後の記憶がプッツンなのです・・・。
 気がついたら自宅のベッド。ちゃんとコントクトレンズもはずし、化粧も落としてある・・・。念のため財布のチェック。なくなったものはなく、3000円のタクシーの領収書も出てきた。しかし、なにかおかしい。店に入るときは1万円あったのに、財布に7000円も残っている。ということは、無銭飲食!でも、店出たときマスター何も言わなかったような気がするけどなあ。というより「この酔っ払いに何言っても・・・」状態だったのか? 今度行って確かめに行ってみようっと。
 
 と、首をかしげているときに、ダーリンことフランス人シェフの ロロさんが起床。でもなんだか様子がおかしい。とてもションボリしている。
「どうしたの?」といつになく優しげに質問するミミ。
「ミミが
蹴った!」えっ? 「パルドン(もう一度)」と突然フランス語になって青ざめるミミ。
「帰ってくるなり、電気をバンッとつけて寝ている僕を蹴ったんだ!」と上目遣いに恨めしげに言うロロさん。
「酔っ払ってたから偶然足が当たったんじゃないの〜?」と自分が信じられないミミ。
「最初はそう思ったけど何回も蹴った、しかも膝蹴り!!」
「エーッ」ともう絶好状態。だって信じられないんですもの。自分がロロさんを膝蹴りするなんて、しかも何回も!!!だって何にも覚えてないし・・・。
 
 そのとき、ある遠い記憶が蘇ってきたのです。10年以上前やはり大酔っ払いして知り合いの家の泊めてもらったとき「うちの犬蹴ってたわよ」と言われたことが。ミミは「大酔っ払いすると蹴る」という法則を発見したのでした。ああ、気をつけよう〜。いくら戌年だからって、ロロさんまで蹴っちゃかわいそうだもんね!

ロロさんがかわいそうだと思う方、一日一回のクリックをお願いします。応援宜しくお願いします。


マルシェロロ情報

●閉店のお知らせ:6月19日を最後に閉店致します。いままでありがとうございました。

◎5月29日(日)照姫祭り参加のためランチお休みします。ディナーは通常営業いたします。

◎マルシェ弁当(テイクアウト)始めました。1680円&2880円(1人前)。2日前までのご予約をお願いします。

◎オードブルセット(2〜3人分)3780円&5150円始めました。2日前までのご予約をお願いします。

◎送歓迎会に!パーティプラン(6名様以上、平日限定、2H、要予約)
・フレンチコース(前菜、メイン1~2品、デザート)
*プラス500円でビール飲み放題に

◎ご予算に応じて、お弁当ご予約承ります(2日前まで、2人分2100円から)

●フレンチレストラン
マルシェロロ
練馬区石神井町2-13-5-102   03-6763-0909
ミミ Paquet(パケ)
古都金沢でフツーに育つ。夫のロロさん(イラスト上)はフランス人で、しかもシェフ。ロロさんが東京・石神井公園にてフレンチレストラン&デリカ「マルシェ ロロ」(TEL03-6763-0909)をオープンしたのでママさんとして日々奮闘中。
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ